スポンサーリンク

大雪ダム こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「大雪ダム」を紹介します。

 大雪ダムは、上川郡上川町層雲峡大学平、一級河川石狩川本川最上流部に建設された特定多目的ダム(石狩川治水、かんがい用水、上水道供給、発電など)で、中央土質遮水壁型ロックフィルダムです。

大雪ダム 大雪ダム

大雪ダム 大雪ダム

  国道273号線から見た大雪湖及びダム管理所です

大雪ダム 大雪ダム

  国道273号線(ダム天端部)と国道39号線が交わる交差点の標識とその傍にある「大雪湖」の表示板

大雪ダム 大雪ダム

大雪ダム 大雪ダム

 ダムによってできた人造湖を「大雪湖」といい大雪山国立公園内にあります。

 ダムの近くには層雲峡があり、大函(おおばこ)・小函(こばこ)、銀河の滝・流星の滝、層雲峡温泉などといった観光地があり、見所いっぱいです。

大雪ダム 大雪ダム

大雪ダム 大雪ダム

※ 大函・小函・・・層雲峡一帯の溶結凝灰岩が長い歳月の間に石狩川に浸食されたことにより、高さ200mほどの柱状節理の断崖が形成され、岩壁が両岸に切り立つ迫力ある姿が見られます。

大雪ダム 大雪ダム

大雪ダム 大雪ダム

 堤高86.5m、堤頂長440m、湛水面積292ha、総貯水容量6600万㎥で、1965年に着工され1975年に竣工しました。

 また、層雲峡方面から大雪ダムに来ますと国道39号線と国道273号線がダム・パーキングエリアの傍で分岐しています。

大雪ダム 大雪ダム

大雪ダム管理所 大雪ダム

 そのまま真っ直ぐ国道39号線を進みますと「石北峠」を越え留辺蘂町(るべしべちょう)方面へ行きます。

 一方、ダム天端を通り国道273号線を進みますと「三国峠」を越え糠平湖(糠平ダム)を経由し帯広市方面へ繋がっています。

 いろいろ見てみたいと思いましたが、この時も時間に余裕がなく残念ながら「銀河の滝・流星の滝」へ立ち寄るのが精一杯でした(「銀河の滝・流星の滝」は後日改めて紹介したいと思っています)。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

岩松ダム 👈 今  回 👉 次  回(準備中)

青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください

スポンサーリンク