スポンサーリンク

旧白滝駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、廃止前と廃止後の「旧白滝駅」(紋別郡遠軽町旧白滝)です。

 本駅は国道333号線沿いにあり、道路からも見えましたので大へん分かりやすい駅でした

 2016年(平成28年)3月で廃止された石北本線の3駅のうちの一つです。

旧白滝駅     旧白滝駅

旧白滝駅     旧白滝駅

 廃止時点で、下り列車が1本、上り列車が3本の普通列車が停車するだけの駅でした。

廃止時点で、下り列車が1本、上り列車が3本の普通列車が停車するだけの駅でした。     旧白滝駅

旧白滝駅 旧白滝駅

 因みに一日の列車の発着数が少ない北海道の駅は、現在、札沼線の「新十津川駅」の「一日一回」ではないかと思われます(北海道医療大学駅発7:50-新十津川駅着9:28、新十津川駅発9:40-石狩当別駅着11:03)。

旧白滝駅 旧白滝駅

旧白滝駅 旧白滝駅

 本駅の大まかな成り立ちを紹介します。

・1947年(昭和22年):運輸省石北線の「旧白滝仮乗降場」旅客のみ取扱いとして開業する

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に移管される

旧白滝駅    旧白滝駅

旧白滝駅     旧白滝駅

※ ここまでの画像が廃止前(平成27年)の旧白滝駅です。

・1961年(昭和36年):線路名が「石北本線」に改称される

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承され、同時に駅に昇格し「旧白滝駅」となる

・2016年(平成28年):利用者減少によって廃止される

※ 以下の画像は、廃止後(平成28年)の旧白滝駅です。

旧白滝駅 旧白滝駅

旧白滝駅 旧白滝駅

 1面1線の単式ホームをもつ地上駅(無人駅)でした。木造の待合所がありました。

旧白滝駅 旧白滝駅

旧白滝駅     旧白滝駅

 廃止当時運行されていた上下4本の列車は、「地元の女子高校生のためだった」ということが2つの局のテレビ番組で放送されていました。

旧白滝駅     旧白滝駅

旧白滝駅 旧白滝駅

 「JR北海道も粋な計らいをするものだ」と感心させられました。

旧白滝駅 旧白滝駅

 本駅開設当時、地元住民が寄付を募って建設資金を提供したり、建設工事も手伝ったりしたりするなど地元住民との結び付きが強かったからこそのことだろうと思います。

旧白滝駅 旧白滝駅

旧白滝駅 旧白滝駅

 私が本駅を訪問したのは、廃止前の平成27年の秋と、廃止後の平成28年の夏の2回です。

 昨年の夏から秋にかけての期間に、待合所は残念ながら取り壊されてしまったようです(実際に確かめてはいませんが…)。

旧白滝駅 旧白滝駅

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

白滝駅 👈  本   駅  👉 下白滝駅(準備中)

※クリックすると、そのページが表示されます。

******** これまでの主な記事 ********

◎北海道の駅

👉「函館本線駅巡り(旭川駅~札幌駅)」  👉「函館本線駅巡り(札幌駅~函館駅)」       👉「宗谷本線駅巡り」   

👉「根室本線駅巡り」    👉「釧網本線駅巡り」         👉「日高本線駅巡り」   👉「富良野線駅巡り」  

👉「JR留萌本線の駅を訪ねて」        👉「石北本線・金華駅を目指して」   👉「JR札沼線の駅を訪ねて」

👉「室蘭本線駅巡り」   👉「道南いさりび鉄道駅巡り」      👉「JR室蘭本線・夕張線≪夕張駅へ≫」

👉「JR留萌本線の駅を訪ねて(瀬越駅~増毛駅)」   👉「石勝線駅巡り」   👉「旧江差線の駅を訪ねて」

👉「旧万字線の駅を訪ねて」   👉「JR小幌駅を訪ねて」  👉「留萌本線-留萌駅~増毛駅間-」

◎道東の旅Ⅰ

👉その1・斜里町まで  👉その2・知床五湖へ  👉その3・高架木道        👉その4・フィールドハウス~五湖  

👉その5・知床~四湖  👉知床~三湖       👉知床~二湖  👉知床~一湖  👉知床五湖・再び高架木道へ

👉知床世界遺産センター  👉知床峠・羅臼岳  👉羅臼・しおかぜ公園      👉羅臼・早朝風景  

👉羅臼・純の番屋  👉国後国道(国道335号線)

◎道央の旅Ⅰ

👉島武意海岸  👉積丹岬・女郎子岩  👉島武意海岸から神仙沼へ        👉神仙沼湿原①  

👉神仙沼湿原②長沼・大谷地  👉ニセコ五色温泉、他       👉名水の郷きょうごく  👉静狩鳴き砂海岸  

👉静狩湿原  👉道の駅あぷた

◎道北の旅Ⅰ

👉クッチャロ湖  👉クローバーの丘

 

スポンサーリンク