スポンサーリンク

浦臼駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は「旧浦臼駅(きゅううらうすえき)・鶴沼駅(つるぬまえき)」(浦臼町)を紹介します。

      (訪問日:2020年(令和2年)4月下旬)

※ このシリーズの初回でも触れましたが、駅の紹介順は廃止された区間の駅順ではなく取材順(1日目:4月下旬・ラストラン後の営業休止中-石狩月形駅から新十津川駅、2日目:5月上旬・廃止後-知来乙駅から石狩金沢駅)で紹介させていただいております。

  旧浦臼駅(きゅううらうすえき)

 浦臼駅は、1934年(昭和9年)に国有鉄道・札沼北線の一般駅として開業しました。

浦臼駅 浦臼駅

 1935年(昭和10年)に札沼南線(桑園駅~石狩当別駅間)と札沼北戦(本駅~石狩沼田駅間)が編入・統合されて札沼線が全通しました。

浦臼駅 浦臼駅

 1943年(昭和18年)には第二次世界大戦の激化に伴い不要不急線に指定され営業休止になりましたが、昭和21年には営業が再開されました。

浦臼駅 浦臼駅

 1984年(昭和59年)に駅員無配置駅になり簡易委託化されます。

 1993年(平成5年)に簡易委託化が終了し、完全無人駅になりました。

浦臼駅 浦臼駅

 1997年(平成9年)に浦臼町営「ふれあいステーション」を併設した新駅舎が併用を開始しました。

 2016年(平成28年)には本駅~新十津川駅間の運行が1日1往復になりました。

浦臼駅 浦臼駅

 2018年(平成30年)に札沼線(北海道医療大学駅~新十津川駅間)の廃止・バス転換で合意しました。

 2020年(令和2年)4月17日に新型コロナウィルス感染症による緊急事態宣言により同月18日から5月6日まで全列車運休措置になり、実質的最終営業日になりました。

※ 以下の動画の視聴に際しては、風切音や機械音等の雑音が入っていますので音量にはご留意ください。

 開業当時の本駅は、単式ホーム1面1線を有する地上駅(無人駅)でした。

  旧鶴沼駅(きゅうつるぬまえき)

 鶴沼駅は、1956年(昭和31年)に日本国有鉄道(国鉄)札沼線の旅客のみ取扱い駅として開業しました。

鶴沼駅 鶴沼駅

 2016年(平成28年)には浦臼駅~新十津川駅間の運行が1日1往復になりました。

鶴沼駅 鶴沼駅

 2018年(平成30年)に札沼線(北海道医療大学駅~新十津川駅間)の廃止・バス転換で合意しました。

鶴沼駅 鶴沼駅

 2020年(令和2年)4月17日に新型コロナウィルス感染症による緊急事態宣言により同月18日から5月6日まで全列車運休措置になり、実質的最終営業日になりました。

鶴沼駅 鶴沼駅

 開業当時の本駅は、単式ホーム1面1線を有する地上駅(無人駅)でした。

 駅舎はなく、待合室が設置されていました。

鶴沼駅 鶴沼駅

※ 以下の動画の視聴に際しては、風切音や機械音等の雑音が入っていますので音量にはご留意ください。

※ ウィキペディアフリー百科事典「札沼線 」、「浦臼駅」、「鶴沼駅」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

旧晩生内駅・札的駅 ⇦⇦⇦ 今     回 ⇨⇨⇨ 次   回(準備中)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。
※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク