スポンサーリンク

旧松橋家住宅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「旧松橋家住宅 」を紹介します。

 この建物は明治の中頃に建てられたもので、大正・昭和と都市生活者の住宅でした。大正7年から松橋家が居住していました。

 

旧松橋家住宅 旧松橋家住宅

旧松橋家住宅 旧松橋家住宅

旧松橋家住宅 旧松橋家住宅

 以下は、住宅に標示されていました「説明板」からです。

『   旧松橋家住宅(6)

 明治・大正・昭和のわたる都市生活者の住宅で、大正7年(1918)以来、松橋家が居住していた。
 松橋家は、明治初期に秋田県から札幌に移住し、農業および土地会社経営に従事した。
建築以来数度の増築が見られるが、大正7年の状況に復元した。』

旧松橋家住宅 旧松橋家住宅

旧松橋家住宅 旧松橋家住宅

旧松橋家住宅 旧松橋家住宅

『 この建物には、違い棚のある床の間、回り縁つきの離れや、3畳の女中部屋があり、古いしきたりの残っていた明治・大正時代の家族制度と住宅のつながりを知ることができる。
 展示資料の中で、精神療法関係をはじめとする多くの書籍は、会社経営のかたわら宗教や哲学の研究を続けた松橋吉之助〔明治8年(1875)~昭和18年(1943)〕が残したものである。 』

旧松橋家住宅 旧松橋家住宅

旧松橋家住宅 旧松橋家住宅

旧松橋家住宅 旧松橋家住宅

旧松橋家住宅 旧松橋家住宅

※ ウィキペディアフリー百科事典「旧松橋家住宅 」、「北海道開拓の村ホームページ」を参考にさせて頂きました。

 

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

旧福士家住宅 👈  今   回 👉 次   回(準備中)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク