スポンサーリンク

掛澗駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「掛澗駅(かかりまえき)」(茅部郡森町砂原西3丁目)を紹介します。

 前回紹介しました「渡島砂原駅(おしまさわらえき)」を後にして、国道5号線に戻り西へ進みます。

 渡島砂原駅から約4㎞ほど進むと、本駅につながる交差点がありますので、そこを左折して本駅々前に向かいます。

掛澗駅 掛澗駅

掛澗駅 掛澗駅

掛澗駅 掛澗駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1927年(昭和2年):渡島海岸鉄道の一般駅として開業(現在の場所とは違う所)する。

・1945年(昭和20年):渡島海岸鉄道国有化により国有鉄道函館本線の駅になる。

掛澗駅 掛澗駅

掛澗駅 掛澗駅

掛澗駅 掛澗駅

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道法施行ににより日本国有鉄道(国鉄)に移管される。

・1971年(昭和46年):貨物・荷物扱いが廃止される。同時に、無人化される。

掛澗駅 掛澗駅

掛澗駅 掛澗駅

掛澗駅 掛澗駅

・1982年(昭和57年):荷物扱いが廃止され、同時に無人化される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。駅舎が改築される。

掛澗駅 掛澗駅

掛澗駅      掛澗駅

掛澗駅 掛澗駅

 2面2線の相対式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。

 列車交換可能な交換駅です。ホーム間は跨線橋で連絡しています。

また、駅舎とは別棟のトイレがあります。

掛澗駅 掛澗駅

掛澗駅 掛澗駅

掛澗駅           掛澗駅

※ 渡島海岸鉄道・・・森町から砂原村(後の砂原町)にかけてあった鉄道路線及び運営会社。当初は森町・森駅への乗り入れが許可させず、東森仮停車場から砂原停車場まででありました。1927年(昭和2年)に開業し、翌1928年には認可が下り全線が開通しました。「軍川(いくさがわ)駅-森駅間を迂回する「砂原線」(函館本線支線)の敷設が計画されました。そのため、渡島海岸鉄道は買収され、1945年1月に廃止になりました。

※ ウィキペディアフリー百科事典「掛澗駅 」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

渡島砂原駅 👈 本   駅 👉 尾白内駅(準備中)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク