スポンサーリンク

庶路駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「庶路(しょろ)駅」(白糠(しらぬか)郡白糠町庶路甲区)を紹介します。

 前回紹介しました「大楽毛駅」を後にして、国道38号線を西へ白糠町方面へおよそ11㎞ほど行きますと右手に本駅があります。

 駅名は、近くを流れる庶路川のアイヌ語「ショ・オロ」(滝の所)に由来します。

庶路駅 庶路駅

庶路駅 庶路駅

庶路駅 庶路駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1901年(明治34年):北海道鉄道の一般駅として開業する。

・1971年(昭和46年):貨物・荷物取扱いが廃止、簡易委託化される。

庶路駅 庶路駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。 ・1901年(明治34年):北海道鉄道の一般駅として開業する。 ・1971年(昭和46年):貨物・荷物取扱いが廃止、簡易委託化される。  本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。 ・1901年(明治34年):北海道鉄道の一般駅として開業する。 ・1971年(昭和46年):貨物・荷物取扱いが廃止、簡易委託化される。

庶路駅 庶路駅

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

・1992年(平成4年):簡易委託化が廃止、完全無人化される。

庶路駅 庶路駅

庶路駅 庶路駅

     庶路駅

 1面1線の単式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。跨線橋がありますが、自由通路として使われています。

庶路駅     庶路駅

庶路駅     庶路駅

※ ウィキペディアフリー百科事典「 庶路駅」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

大楽毛駅 👈 本  駅 👉 西庶路駅

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク