スポンサーリンク

知床の山々 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「国後国道(国道335号線)」ということで、羅臼町を後にして標津町方面へ南下する車中から見えた風景を紹介したいと思います。

 前回紹介した羅臼町の「純の番屋」を後にして、野付半島を目指して標津町方面に向かいました。

 しばらくの間、ルームミラーには白く雪をまとった知床の山々の姿が見えていました。

知床の山々 知床の山々

羅臼町を出て、しばらくは林や森の向こうに知床の山が見えていました。

知床の山々 知床の山々

 国後(くなしり)国道を南下するにつれて、知床の山並みが海上に浮かんで見えるように変わってきました。

 それがまたそれまでの見え方とは違った魅力があり、所々で車を停めてはシャッターを切ってしまいました。

知床の山々 知床の山々

 車がさらに南下を続け標津町へ少しずつ近づいていくにつれて、山と林の間に海が現れ始めました。

知床の山々 知床の山々

知床の山々 知床の山々

 やがて山々の姿は徐々に小さくなり、その分間の海がどんどん広がって、海岸線も続くように見えてきました。

知床の山々 知床の山々

国後島の島影 国後島の島影

 そんなこんなで後ろばかりを気にしながら車を走らせていたのですが(安心してください、前もちゃんと見ていましたよ!…もう古い?このフレーズ)、ふと左手をみたら海上に浮かんでいる「国後島」の島影に気づきました。

国後島の島影 国後島の島影

 写真に撮ると小さくて遠い所にあるように見えますが、実際に自分の目(肉眼)で見ると結構大きく見えます。私的には腕を伸ばせばもう届きそうな、そんな近い距離に思えました。

国後島の島影 国後島の島影

 道路脇に車を停め、しばらくは「近くて遠い」その島影を眺めていました。ふと空を見上げると、海上を翼を広げて悠々と飛んでいる大型の鳥の姿が目に入りました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

羅臼・純の番屋 👈  今   回  👉 次  回(準備中)

※クリックすると、そのページが表示されます。

******** これまでの主な記事 ********

◎北海道の駅

👉「函館本線駅巡り(旭川駅~札幌駅)」  👉「函館本線駅巡り(札幌駅~函館駅)」       👉「宗谷本線駅巡り」   

👉「根室本線駅巡り」    👉「釧網本線駅巡り」         👉「日高本線駅巡り」   👉「富良野線駅巡り」  

👉「JR留萌本線の駅を訪ねて」        👉「石北本線・金華駅を目指して」   👉「JR札沼線の駅を訪ねて」

👉「室蘭本線駅巡り」   👉「道南いさりび鉄道駅巡り」      👉「JR室蘭本線・夕張線≪夕張駅へ≫」

👉「JR留萌本線の駅を訪ねて(瀬越駅~増毛駅)」   👉「石勝線駅巡り」   👉「旧江差線の駅を訪ねて」

👉「旧万字線の駅を訪ねて」   👉「JR小幌駅を訪ねて」  👉「留萌本線-留萌駅~増毛駅間-」

◎道東の旅Ⅰ

👉その1・斜里町まで  👉その2・知床五湖へ  👉その3・高架木道        👉その4・フィールドハウス~五湖  

👉その5・知床~四湖  👉知床~三湖       👉知床~二湖  👉知床~一湖  👉知床五湖・再び高架木道へ

👉知床世界遺産センター  👉知床峠・羅臼岳  👉羅臼・しおかぜ公園      👉羅臼・早朝風景  

👉羅臼・純の番屋

◎道央の旅Ⅰ

👉島武意海岸  👉積丹岬・女郎子岩  👉島武意海岸から神仙沼へ        👉神仙沼湿原①  

👉神仙沼湿原②長沼・大谷地  👉ニセコ五色温泉、他       👉名水の郷きょうごく  👉静狩鳴き砂海岸  

👉静狩湿原  👉道の駅あぷた

◎道北の旅Ⅰ

👉クッチャロ湖  👉クローバーの丘

スポンサーリンク