スポンサーリンク

 南小樽駅   こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「南小樽駅」(小樽市住吉町10番7号)です。

    本駅は、見つけるのに大へん苦労した駅でした。

 前回紹介した「小樽築港駅」から国道5号線に戻り、西方向・小樽市街地へと進みます。「住吉神社前交差点」で右折し、「小樽市立病院」の前を過ぎると跨線橋があります。その跨線橋を越え直ぐの交差点を左折すると本駅があります。

    駅舎は、コンビニエンスストア―と同じ建物内にあり、建物の上部には「南小樽駅」の表示があります。でも、パッと見「コンビニ」の方に目が行ってしまいます。私的には「あっ、隣に駅があったの?」的な感じがした、本駅の佇まいでした。

南小樽駅 南小樽駅

    本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1880年(明治13年):官営幌内鉄道手宮駅から札幌駅間が仮開業され、一般駅「開運町(かいうんちょう)駅」として開業する

・1881年(明治14年):「小樽大火」により駅舎が焼失、住吉町に移転し、駅名が「住吉駅」に改称される

・1889年(明治22年):北海道炭礦鉄道に移管される

・1900年(明治33年):駅名が初代「小樽駅」に改称される

・1906年(明治39年):国有鉄道に移管される

南小樽駅 南小樽駅

・1909年(明治42年):函館駅から旭川駅間が「函館本線」、本駅~手宮駅間が「手宮線」となる

・1920年(大正9年):駅名が「南小樽駅」に改称される

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される

・1968年(昭和43年):小樽駅から滝川駅間が電化される

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化にともないJR北海道に継承される

南小樽駅     南小樽駅

     1面2線の島式ホームをもつ地上駅(業務委託駅)。みどりの窓口、自動券売機、自動改札機が設置されています。

    ご訪問頂きありがとうございました。

 

小樽築港(おたるちっこう)駅 👈 本 駅 👉 小樽駅 (準備中)

※クリックすると、そのページが表示されます。

 

******** これまでの主な記事 ********

◎北海道の駅

👉「函館本線駅巡り(旭川駅~札幌駅)」  👉「函館本線駅巡り(札幌駅~函館駅)」       👉「宗谷本線駅巡り」   

👉「根室本線駅巡り」    👉「釧網本線駅巡り」         👉「日高本線駅巡り」   👉「富良野線駅巡り」  

👉「JR留萌本線の駅を訪ねて」        👉「石北本線・金華駅を目指して」   👉「JR札沼線の駅を訪ねて」

👉「室蘭本線駅巡り」   👉「道南いさりび鉄道駅巡り」      👉「JR室蘭本線・夕張線≪夕張駅へ≫」

👉「JR留萌本線の駅を訪ねて(瀬越駅~増毛駅)」   👉「石勝線駅巡り」   👉「旧江差線の駅を訪ねて」

👉「旧万字線の駅を訪ねて」   👉「JR小幌駅を訪ねて」  👉「留萌本線-留萌駅~増毛駅間-」

◎道東の旅Ⅰ

👉その1・斜里町まで  👉その2・知床五湖へ  👉その3・高架木道        👉その4・フィールドハウス~五湖  

👉その5・知床~四湖  👉知床~三湖       👉知床~二湖  👉知床~一湖  👉知床五湖・再び高架木道へ

👉知床世界遺産センター  👉知床峠・羅臼岳  👉羅臼・しおかぜ公園      👉羅臼・早朝風景  

👉羅臼・純の番屋

◎道央の旅Ⅰ

👉島武意海岸  👉積丹岬・女郎子岩  👉島武意海岸から神仙沼へ        👉神仙沼湿原①  

👉神仙沼湿原②長沼・大谷地  👉ニセコ五色温泉、他       👉名水の郷きょうごく  👉静狩鳴き砂海岸  

👉静狩湿原  👉道の駅あぷた

◎道北の旅Ⅰ

👉クッチャロ湖  👉クローバーの丘

スポンサーリンク