スポンサーリンク

南千歳駅 こんにちは、ご訪問ありがとうございます。

 JR北海道の鉄道路線・石勝(せきしょう)線には、千歳市の南千歳駅から新得町の新得駅までの路線と、夕張市の新夕張駅から夕張駅まで(通称:夕張線)の支線があります。

  石勝線

 追分駅(石勝線と室蘭本線の2路線が乗入れ)から夕張線は、すでに紹介していますので、今回はこの3月で廃止になった「東追分駅」と「十三里駅」以外は省略させて頂きます。ということで、このシリーズは「占冠駅」から「新得駅」までを今後何回かに分けて紹介していきますので、よろしくお願いします。

南千歳駅  南千歳駅

南千歳駅  南千歳駅

※ 以下の駅については、その駅名をクリックしてください。各駅の記事が開きます。

◆石勝線・・・「追分駅」「旧東追分駅」「川端駅」「滝ノ上駅」「旧十三里駅」「新夕張駅

◆夕張線・・・「沼ノ沢駅」「南清水沢駅」「清水沢駅」「鹿ノ谷駅」「夕張駅

南千歳駅  南千歳駅

南千歳駅  南千歳駅

  夕張支線

 夕張(支)線について、先日新たな「ニュース」が流れました。この8月17日にJR北海道は「石勝線の夕張支線を廃止する」と発表しました。そして、その発表に先立つ8月8日、夕張市長鈴木直道氏が「交通体系の再構築等を条件に夕張支線の廃止を容認した」とも報道されました。

南千歳駅  南千歳駅

近くには空港関連の施設や、遠くの山並みには「樽前山」の姿も見えています

南千歳駅  南千歳駅

商業施設側の「入り口」です  

 また、同社はこの7月にも「持続可能な交通体系のあり方」と題した方針を発表し、「利用者の少ないローカル線の廃止に向けた協議を行っていく考え」を表明していました。鉄道に代わって自動車が交通手段の中心になっている現在、ローカル線の廃止は時代の流れなのでしょうか…。

南千歳駅  南千歳駅

南千歳駅  南千歳駅

  南千歳駅

 さて、今回は「南千歳駅」(千歳市平和1388-2)を紹介します。

・1980年(昭和55年):日本国有鉄道(国鉄)初の空港連絡駅「千歳空港駅」として開業

・1982年(昭和56年):石勝線が開業し、起点駅となる

・1992年(平成4年):新旅客ターミナルビルの開業に伴い、その地階に新千歳空港駅ができました。そのため、「千歳空港駅」を「南千歳駅」に改称(旧旅客ターミナルビルが廃止され、その連絡歩道橋(全長248m)の国道を跨ぐ部分のみ残され、他は撤去されました)

南千歳駅  南千歳駅

南千歳駅  南千歳駅

 島式ホーム2面2線の地上駅です。新千歳駅に向かう列車と、苫小牧・室蘭・函館方面へ向かう列車及びトマム・帯広・釧路方面へ向かう列車の乗換が同じホーム上でできるようになっています。

 ご訪問ありがとうございました。

 千歳線・千歳駅 👈 本   駅  👉追分駅

千歳線・旧美々駅    👈

※クリックすると、そのページが表示されます。

******** これまでの主な記事 ********

◎北海道の駅

👉「函館本線駅巡り(旭川駅~札幌駅)」  👉「函館本線駅巡り(札幌駅~函館駅)」       👉「宗谷本線駅巡り」   

👉「根室本線駅巡り」    👉「釧網本線駅巡り」         👉「日高本線駅巡り」   👉「富良野線駅巡り」  

👉「JR留萌本線の駅を訪ねて」        👉「石北本線・金華駅を目指して」   👉「JR札沼線の駅を訪ねて」

👉「室蘭本線駅巡り」   👉「道南いさりび鉄道駅巡り」      👉「JR室蘭本線・夕張線≪夕張駅へ≫」

👉「JR留萌本線の駅を訪ねて(瀬越駅~増毛駅)」   👉「石勝線駅巡り」   👉「旧江差線の駅を訪ねて」

👉「旧万字線の駅を訪ねて」   👉「JR小幌駅を訪ねて」  👉「留萌本線-留萌駅~増毛駅間-」

◎道東の旅Ⅰ

👉その1・斜里町まで  👉その2・知床五湖へ  👉その3・高架木道        👉その4・フィールドハウス~五湖  

👉その5・知床~四湖  👉知床~三湖       👉知床~二湖  👉知床~一湖  👉知床五湖・再び高架木道へ

👉知床世界遺産センター  👉知床峠・羅臼岳  👉羅臼・しおかぜ公園      👉羅臼・早朝風景  

👉羅臼・純の番屋

◎道央の旅Ⅰ

👉島武意海岸  👉積丹岬・女郎子岩  👉島武意海岸から神仙沼へ        👉神仙沼湿原①  

👉神仙沼湿原②長沼・大谷地  👉ニセコ五色温泉、他       👉名水の郷きょうごく  👉静狩鳴き砂海岸  

👉静狩湿原  👉道の駅あぷた

◎道北の旅Ⅰ

👉クッチャロ湖  👉クローバーの丘

スポンサーリンク