スポンサーリンク

石狩沼田駅 こんにちは、ご訪問ありがとうございます。

 今回紹介する駅は『石狩沼田駅』です。この駅はかって札沼線(愛称;学園都市線)の終着駅でもありました。現在は簡易委託駅(7時20分から13時40分まで営業、土日祝日は休業)として窓口業務も行われています。

石狩沼田駅  石狩沼田駅

 1910年(明治43年)に『沼田駅』として開業しましたが、1924年(大正13年)に上越線に沼田駅が開業したため『石狩沼田駅』と改称しました。1935年(昭和10年)に札沼線が開業するも太平洋戦争により一時休止となり昭和31年に営業再開、1972年(昭和47年)には札沼線が廃止になりました。

石狩沼田駅  石狩沼田駅

 札沼線が開業する前の昭和初期までは、単式と島式の複合ホーム2面3線(3番線は側線)でした。現在は1面1線の単式ホームで、向かい側に使われていない島式ホームがあります(私が訪れた時にはまだ雪が多く残っており、島式ホームは積もった雪の下になっていました)。

石狩沼田駅  石狩沼田駅

 駅舎は古く老朽化は否めませんが、建物自体は大きく立派でかっての駅の賑わいを忍ばせています。ホームの向こうで下の方が雪に埋もれている状態の看板『名所案内』を見つけました。それには『夜高あんどん祭り』と『クラウス15号蒸気機関車』の文字が見えていました。

石狩沼田駅    石狩沼田駅

 『夜高あんどん祭り』は時々テレビのニュース等で地域の話題の一つとして紹介されたりしますので、北海道では結構名の知れたお祭りです。もう一つの『クラウス15号蒸気機関車』については、私は初めて知りましたで調べてみました。

石狩沼田駅  石狩沼田駅

 『クラウス15号蒸気機関車』は1889年(明治22年)にドイツで製造され、幾つかの鉄道会社を経て昭和6年に北海道の留萌鉄道で石炭運搬等に使用されました。その後は、明治昭和鉱業所(沼田町)で石炭貨車運搬用として昭和42年まで現役で活躍していました。現在日本に現存する小型蒸気機関車の中では最も古いものです。

石狩沼田駅    石狩沼田駅

 昭和45年には沼田町の「指定文化財」に、平成22年にはJR北海道より「準鉄道記念物」に指定されました。5月上旬から10月末まで道道867号線沿いにある「ほろしん温泉ほたる館」前で、天気が良ければSL車庫から出されて屋外に展示されています。

石狩沼田駅  石狩沼田駅

 また、「明治昭和炭鉱」と表示された車庫の中には機関車を外に押し出すのに使われる黄色い貨車移動機「アント」もあり、これも現在では貴重な機械となっています。この他にも沼田町にはホタルはもちろんのこと、炭鉱資料室、化石体験館、キャンプ場などもありますので、夏休み等には家族皆で訪れてみてはいかがでしょうか。

 尚、詳しくは『沼田町ホームページ』等をご覧ください。

  ご訪問ありがとうございました。

北秩父別駅👈  本   駅  👉真布駅

※クリックすると、そのページが表示されます。

******** これまでの主な記事 ********

◎北海道の駅

👉「函館本線駅巡り(旭川駅~札幌駅)」  👉「函館本線駅巡り(札幌駅~函館駅)」       👉「宗谷本線駅巡り」   

👉「根室本線駅巡り」    👉「釧網本線駅巡り」         👉「日高本線駅巡り」   👉「富良野線駅巡り」  

👉「JR留萌本線の駅を訪ねて」        👉「石北本線・金華駅を目指して」   👉「JR札沼線の駅を訪ねて」

👉「室蘭本線駅巡り」   👉「道南いさりび鉄道駅巡り」      👉「JR室蘭本線・夕張線≪夕張駅へ≫」

👉「JR留萌本線の駅を訪ねて(瀬越駅~増毛駅)」   👉「石勝線駅巡り」   👉「旧江差線の駅を訪ねて」

👉「旧万字線の駅を訪ねて」   👉「JR小幌駅を訪ねて」

◎道東の旅Ⅰ

👉その1・斜里町まで  👉その2・知床五湖へ  👉その3・高架木道        👉その4・フィールドハウス~五湖  

👉その5・知床~四湖  👉知床~三湖       👉知床~二湖  👉知床~一湖  👉知床五湖・再び高架木道へ

👉知床世界遺産センター  👉知床峠・羅臼岳  👉羅臼・しおかぜ公園      👉羅臼・早朝風景  

👉羅臼・純の番屋

◎道央の旅Ⅰ

👉島武意海岸  👉積丹岬・女郎子岩  👉島武意海岸から神仙沼へ        👉神仙沼湿原①  

👉神仙沼湿原②長沼・大谷地  👉ニセコ五色温泉、他       👉名水の郷きょうごく  👉静狩鳴き砂海岸  

👉静狩湿原  👉道の駅あぷた

◎道北の旅Ⅰ

👉クッチャロ湖  👉クローバーの丘

スポンサーリンク