スポンサーリンク

幌延駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「幌延駅(ほろのべえき)」(天塩郡幌延町1条南1丁目)を紹介します。

          (訪問日:2015年(平成27年)5月上旬)

 前回紹介しました「下沼駅」を後にして、国道40号線に戻り南下します。

 「天塩大橋」の手前にある十字路交差点で左折し、道道121号線に入ります。

幌延駅 幌延駅

 幾つかある交差点を通過・直進し、途中には道道256号線との重複区間もありますが、とにかく道道121号線をひたすら進みます。

幌延駅 幌延駅

 踏切を渡り幌延市街地に入り、「二条北」十字路交差点で左折します。

 後は、道なりに進みますと本駅々前に着きました。

幌延駅 幌延駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1925年(大正14年):国有鉄道天塩南線の一般駅として開業する。(その後、天塩線になり、宗谷本線に編入され、それぞれの線の駅になる)

幌延駅 幌延駅

・1935年(昭和10年):天塩線(幌延駅~天塩駅:後の羽幌線)が開業する。

・1936年(昭和11年):跨線橋が新設される。

幌延駅 幌延駅

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。

・1968年(昭和43年):補助コンテナ基地が設置される。

・1973年(昭和48年):現在の駅舎が竣工する。

幌延駅 幌延駅

・1984年(昭和59年):貨物・荷物の取り扱いが終了する。

・1987年(昭和62年):羽幌線が廃止され沿岸バス幌延出張所が新設される。

・2013年(平成25年):沿岸バス幌延出張所が廃止される。

幌延駅 幌延駅

・2018年(平成30年):沿岸バス幌延出張所跡に幌延町が移住情報PR支援センターを開所する。その後、国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

幌延駅          幌延駅

 2面2線の単式・島式複合型の地上駅(交換駅)で、社員配置駅、みどりの窓口(営業時間7:10~15:00)があります。

幌延駅 幌延駅

 幌延町が移住情報PR支援センターを開設し、情報の提供、グッズ・コーヒーなどの販売、特急列車の町民乗車票の販売を行っています。

幌延駅 幌延駅

※ ウィキペディアフリー百科事典「 幌延駅」を参考にさせて頂きました。

幌延駅         幌延駅

幌延駅 幌延駅

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

下  沼  駅 👈 本     駅 👉 上 幌 延 駅(準備中)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク