スポンサーリンク

下沼駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「下沼駅(しもぬまえき)」(天塩郡幌延町字下沼)を紹介します。

           (訪問日:2015年(平成27年)5月上旬)

 前回紹介しました「豊富駅」を後にして、国道40号線を南下します。

 豊富駅からおよそ9㎞ほど進んだ所にある交差点で右折し町道に入ります。

 そして、次のT字路交差点を左折し進むと十字路交差点がありますので、そこでまた左折します。

 後は道なりに行くと、本駅が見えてきました。

下沼駅 下沼駅

下沼駅 下沼駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1926年(大正15年):国有鉄道の一般駅として開業する。

・1930年(昭和5年):天塩線が宗谷本線に編入される。

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。

下沼駅 下沼駅

下沼駅 下沼駅

・1977年(昭和52年):貨物の取扱いが終了する。

・1984年(昭和59年):荷物の取扱いが終了する。その後、CTC導入に伴う合理化により無人化される。

・1985年(昭和60年):駅舎が改築され貨物駅舎になる。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

下沼駅 下沼駅

下沼駅 下沼駅

・2015年(平成27年):周辺住民の手により駅舎に木製看板が掲げられる。

・2016年(平成28年):3月のダイヤ改正に伴い普通列車が減便され、全普通列車が停車するようになる。同年、JR北海道が幌延町に対し「本駅・糠南駅・南幌延駅の3駅を2017年3月のダイヤ改正に合わせて廃止する方針」を伝える。

その後、幌延町が本駅を含む3駅の維持費・管理費を負担してまずは1年間存続させることになった。

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。 ・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。        ・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。

・2017年(平成29年):幌延町による「マイステーション運動」の一環として駅舎の外観の修繕が行われた。

 1面1線の単式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。

 ヨ3500形車掌車を改造した貨車駅舎で、トイレはありません。

下沼駅        下沼駅

※ ウィキペディアフリー百科事典「下沼駅 」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

豊 富 駅 👈 本    駅 👉 幌 延 駅

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク