スポンサーリンク

国縫駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「国縫駅(くんぬいえき)」(山越郡長万部町字国縫)を紹介します。

 前回紹介しました「中ノ沢駅」を後にして、国道5号線を南下します。中ノ沢駅からおよそ5㎞ほど進むと、右手に本駅が見えてきます。

 

国縫駅 国縫駅

国縫駅 国縫駅

国縫駅 国縫駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1903年(明治36年):北海道鉄道の一般駅として開業する。

・1907年(明治40年):国有鉄道に移管される。

国縫駅 国縫駅

国縫駅      国縫駅

国縫駅      国縫駅

・1909年(明治42年):線路名が「函館本線」となる。

・1929年(昭和4年):瀬棚線※1の本駅から花石駅間が開通する。

・1939年(昭和14年):駅舎が改築される。

国縫駅       国縫駅

国縫駅            国縫駅

国縫駅 国縫駅

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。

・1966年(昭和41年):函館本線本駅~中ノ沢駅間の本駅~函館起点105.911㎞が複線化される。その後、函館本線本駅~中ノ沢駅間が全て複線化される。

国縫駅 国縫駅

国縫駅 国縫駅

国縫駅      国縫駅

・1970年(昭和45年):北豊津信号場から本駅間が複線化される。

・1984年(昭和59年):貨物及び荷物扱いが廃止される。

・1986年(昭和61年):無人化される。

国縫駅 国縫駅

国縫駅 国縫駅

国縫駅           国縫駅

・1987年(昭和62年):瀬棚線が廃止される。その後、国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

・1992年(平成4年):簡易委託が廃止され、完全無人化される。

 単式ホームと島式ホームの混合のホームをもつ地上駅(無人駅)です。駅舎と跨線橋があります。

国縫駅 国縫駅

国縫駅      国縫駅

国縫駅 国縫駅

※1 瀬棚線

 日本国有鉄道(国鉄)が運営していた鉄道路線で、長万部町国縫駅で函館本線から分岐し瀬棚郡瀬棚町の瀬棚駅に至る路線でした。

 1929年(昭和4年)国有鉄道瀬棚線として国縫駅から花石駅間が開業し、1932年(昭和7年)に全通しました。

 1984年(昭和59年)第2次特定地方交通線として廃止承認され、1987年(昭和62年)に全線が廃止されました。

国縫駅 国縫駅

※ ウィキペディアフリー百科事典「 国縫駅」、「瀬棚線」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

中ノ沢駅 👈 本   駅 👉 旧北豊津駅(現・北豊津信号場)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク