スポンサーリンク

長万部駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「長万部(おしゃまんべ)駅」(山越郡長万部町字長万部228番地7)を紹介します。

 前回紹介しました「静狩(しずかり)駅」を後にして、国道37号線を函館方面に向かいます。長万部川に架かる橋を渡り十字路交差点を直進します。およそ500mほど進んだ右手に本駅が見えてきます。

長万部駅 長万部駅

長万部駅 長万部駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1903年(明治36年):北海道鉄道の一般駅として開業する。

・1907年(明治40年):国有鉄道に移管される。

・1912年(明治45年):火災により駅舎を焼失する。

長万部駅 長万部駅

長万部駅 長万部駅

・1923年(大正12年):国有鉄道長輪線本駅~静狩駅間が開通する。

・1925年(大正14年):長輪線が長輪西線に改称される。

・1928年(昭和3年):長輪東線と長輪西線が統合し長輪線に改称される。

長万部駅 長万部駅

長万部駅 長万部駅

・1931年(昭和6年):長輪線が室蘭本線に編入される。

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。

・1965年(昭和40年):函館本線中ノ沢駅~本駅間が複線化される。

長万部駅 長万部駅

長万部駅 長万部駅

・1969年(昭和44年):室蘭本線本駅~静狩駅間が複線化される。

・1974年(昭和49年):みどりの窓口が営業を開始する。

・1984年(昭和59年):貨物取扱いが廃止される。

長万部駅 長万部駅

長万部駅 長万部駅

・1985年(昭和60年):荷物取扱いが廃止される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

・2017年(平成29年):キヨスク長万部店が閉店する。

長万部駅 長万部駅

長万部駅 長万部駅

 2面4線の相対式ホームをもつ地上駅(社員配置駅)で、函館本線と室蘭本線の分岐駅です。

 みどりの窓口、旅行相談室が設置されています。早朝・夜間の営業時間外は、出改札業務を行っていません。ホーム間は跨線橋で連絡しています。

※ ウィキペディアフリー百科事典「長万部駅 」を参考にさせて頂きました。

ご訪問頂きありがとうございました。

 

静 狩 駅 👈 本   駅 👉 中ノ沢駅

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク