スポンサーリンク

標茶駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「標茶(しべちゃ)駅」(川上郡標茶町旭1丁目1-1)を紹介します。

 前回紹介しました「磯分内駅」を後にして、国道391号線を南下します。

 標茶市街地に入り国道274号線と道道14号線に交わる交差点で右折し道道14号線に入ります。道なりに進むと本駅に至ります。

標茶駅 標茶駅

標茶駅 標茶駅

標茶駅 標茶駅

 駅名は、アイヌ語の「シぺッ・チャ」(大きな川のほとり)に由来します。

標茶駅 標茶駅

標茶駅 標茶駅

標茶駅    標茶駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1927年(昭和2年):国有鉄道の一般駅として開業する。

標茶駅 標茶駅

標茶駅 標茶駅

標茶駅    標茶駅

・1936年(昭和11年):計根別(けねべつ)線(標津(しべつ)線:標茶から計根別まで)が開業する。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

標茶駅 標茶駅

標茶駅 標茶駅

標茶駅    標茶駅

・1989年(平成元年):標津線が廃止される。

・1997年(平成9年):業務委託化される。

標茶駅 標茶駅

 2面3線の単式・島式複合型ホームをもつ地上駅です。みどりの窓口、自動券売機があります。

※ ウィキペディアフリー百科事典「標茶駅 」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

磯分内駅 👈 本  駅 👉 旧五十石駅

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク