スポンサーリンク

比羅夫駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「比羅夫(ひらふ)駅」(虻田郡倶知安町字比羅夫)を紹介します。

 前回紹介しました「倶知安(くっちゃん)駅」を後にして、国道5号線を南下します。

 6㎞ほど進むと、「ニセコ高原比羅夫線」(道道631号線)に入るT字路交差点があります。

その交差点で右折して進み、踏切手前の十字路交差点をまた右折しますと本駅に到着します。

ニセコアンヌプリ ニセコアンヌプリ

比羅夫駅 比羅夫駅

比羅夫駅     比羅夫駅

 そこはJR北海道の「比羅夫駅」ですが、何と「駅の宿 ひらふ」でもあります。

 認識不足の私は、行ってみるまで知りませんでした。見た感じが民宿のような雰囲気もあり、ただの「無人駅」ではないような感じはありましたが…。

比羅夫駅 比羅夫駅

比羅夫駅 比羅夫駅

比羅夫駅      比羅夫駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1904年(明治37年):北海道鉄道の一般駅として開業する。

・1907年(明治40年):国有鉄道に移管される。

・1909年(明治42年):線路名が「函館本線」となる。

比羅夫駅     比羅夫駅

比羅夫駅 比羅夫駅

比羅夫駅 比羅夫駅

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。

・1982年(昭和57年):荷物扱いが廃止され、同時に無人化される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

比羅夫駅 比羅夫駅

比羅夫駅     比羅夫駅

比羅夫駅 比羅夫駅

 1面1線の単式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。旧事務室が民宿になっていて、ホームの横にはログハウス(個室)もあります。

※尚、「駅の宿 ひらふ」の詳細については、「駅の宿 ひらふ・公式ホームページ」をご覧ください。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

倶知安駅 👈 本  駅 👉 ニセコ駅

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク