スポンサーリンク

丸瀬布駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「丸瀬布駅」(紋別郡遠軽町丸瀬布中町)を紹介します。

 本駅の大まかな成り立ちを紹介します。

・1927年(昭和2年):鉄道省石北東線の一般駅として開業する。

・1928年(昭和3年):武利森林鉄道開通する

丸瀬布駅      丸瀬布駅

丸瀬布駅 丸瀬布駅

丸瀬布駅 丸瀬布駅

案内板 案内板

・1932年(昭和7年):新旭川駅から野付牛駅(現・北見駅)間を「石北線」に改称される。

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道に移管される。

・1961年(昭和36年):線路名が「石北本線」に改称される。

丸瀬布駅案内板 案内板

案内板 丸瀬布駅

丸瀬布駅    丸瀬布駅

・1963年(昭和38年):武利森林鉄道が廃止される。

・1984年(昭和59年):荷物取扱いが廃止され、簡易委託化される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

丸瀬布駅 丸瀬布駅

丸瀬布駅 丸瀬布駅

丸瀬布駅    丸瀬布駅

・1992年(平成4年):簡易委託化が廃止され、完全無人化される。

※武利森林鉄道・・・伐採された木材を運搬するために施設された鉄道です。機関車には、雨宮製作所製のワルシャトー型が使われました。

丸瀬布駅     丸瀬布駅

丸瀬布駅     丸瀬布駅

 1面2線の島式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。構内踏切を使用しホームへ渡ります。トイレが設置されています。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

旧下白滝駅 👈 本  駅 👉 瀬戸瀬駅(準備中)

青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク