スポンサーリンク

五稜郭駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「五稜郭(ごりょうかく)駅」(函館市亀田本町)を紹介します。

 道南いさりび鉄道線の駅巡りもいよいよその起点駅の「五稜郭駅」となりました。ということで、このシリーズは今回で終了となります。

五稜郭駅 五稜郭駅

 五稜郭駅は、道南いさりび鉄道線とJR北海道の両社で使用しています。管轄はJR北海道で、国道5号線沿いに位置しています。

五稜郭駅 五稜郭駅

 駅名に「五稜郭」とありますが、あの特別史跡「五稜郭」や五稜郭タワー・五稜郭公園とはおよそ2㎞程離れています。

 五稜郭駅  五稜郭駅

 本駅の大まかな成り立ちを紹介します。

・1911年(明治44年):国有鉄道函館本線の駅として開業する。

・1913年(大正2年):国有鉄道上磯軽便線として本駅から上磯駅間が開業する。

・1922年(大正11年):上磯軽便線が「上磯線」に改称される。

・1936年(昭和11年):上磯線が「江差線」に改称される。

五稜郭駅     五稜郭駅

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道に移管される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

・1988年(昭和63年):海峡線開業に伴い、本駅から函館駅間、本駅から木古内駅間が電化される。

五稜郭駅 五稜郭駅

・2016年(平成28年):北海道新幹線開業に伴い、江差線の本駅~木古内駅間がJR北海道から経営分離され「道南いさりび鉄道」に移管される。また、線路名が「道南いさりび鉄道線」に改称される。

五稜郭駅     五稜郭駅

 2面4線の島式ホームをもつ地上駅です。ホームは跨線橋で連絡しています。駅舎内には、みどりの窓口やJR線用といさりび鉄道線用の自動券売機、キヨスクがあります。

赤松街道 赤松街道

※ 上の画像は、函館市桔梗(ききょう)町から七飯(ななえ)町の旧道区間にある通称「赤松街道」です。14㎞ほどにわたって千本以上の赤松が植えられている並木道です。「歴史国道」「日本の道100選」「新・日本街路樹100選」にも選ばれています。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

七重浜駅 👈  本  駅  👉 桔梗駅(函館本線;準備中)

青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク