スポンサーリンク

6合目の標識 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「6合目」までの様子を紹介します。

      (訪問日:2018年(平成30年)8月上旬)

 4合目の標識に「半分以上クリアしました ここから5合目迄がガマン所」と書いてあったように「ガマンの5合目」も何とか通過、今回は6合目へ向かう様子を紹介します。

6合目へ向かう登山道 6合目へ向かう登山道

 5合目までは樹林帯の中で展望はあまりよくなかったのですが、5合目を過ぎ心なしか樹木の背丈が前よりも少しずつ低くなってきたような気がしました。

6合目へ向かう登山道 6合目へ向かう登山道

 5合目標識に「ここまで来たら8割クリア」と書いてあったのを思い出し「よし、あと残り2割だっ!?」と自分に言い聞かせながら頑張って登っていきました。

6合目へ向かう登山道 6合目へ向かう登山道

 事前に調べてきた通り5合目を過ぎると、ハイマツも多く目立つようになりました。

 その間から見上げると、「あれは山頂かな?!」と思わせるような空に飛び出している饅頭のような形をしたピークが見えていました。

6合目へ向かう登山道 6合目へ向かう登山道

※ 以下の動画には風切音や機械音などの雑音が入っていますので、視聴に際しては音量にご注意ください。

 「あれが目指す山頂なら『残り2割』というのも本当で、頂上も近いのかもしれない!!」と思いました。

6合目の標識 6合目の標識

6合目の標識 6合目の標識

 そんなことを考えながら歩いていると、道の前方に標識らしきものが見えてきました。

 雄阿寒岳の外輪山にある「6合目」に着くことができました。

6合目の標識 6合目の標識付近から

6合目の標識付近から 6合目の標識付近から

 ハイマツの先には「阿寒湖」が広がり、湖を隔てて昨日登った「雌阿寒岳(めあかんだけ)と阿寒富士」が見えていましたが、あいにくその山頂付近は雲で覆われていて見ることができませんでした。

6合目標識付近から 6合目標識付近から

※ 以下の動画には風切音や機械音などの雑音が入っていますので、視聴に際しては音量にご注意ください。

※ ウィキペディアフリー百科事典「 雄阿寒岳」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

5  合  目 ⇦⇦⇦ 今      回 ⇨⇨⇨ 次    回(準備中)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク