スポンサーリンク

0.4km地点 こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。

 今回は、『摩周岳 0.4km地点』までの様子を紹介します。

      (訪問日:2019年(令和元年)9月下旬)

 前回で紹介しました『摩周岳 1.6㎞地点(分岐点)』を後にして、『摩周岳 0.4km地点』の道標地点へ向かいます。

 「摩周岳 1.6㎞」地点は、山頂まで1.6㎞で、西別山まで2.6㎞という分岐点となっていて、うれしいことに腰掛けて休憩もできるようテーブルやベンチも設置されていました。

0.4km地点へ 0.4km地点へ

0.4km地点へ 0.4km地点へ

0.4km地点へ 0.4km地点へ

 空模様が不安で出発時刻が遅れてしまった私は、ここまで急な上りもほとんどなく、いつもの息切れもせずにここまで来れたこともあって、スポーツドリンクを飲んで水分補給をした程度の休憩にして、早々に山頂を目指し出発しました。0.4km地点へ 0.4km地点へ

0.4km地点へ 0.4km地点へ

0.4km地点 0.4km地点

 1.6㎞地点を過ぎて急登というほどではないけれど、山登りらしい足?体?ごたえのある上り坂の登山道が続いていました。

0.4km地点から 0.4km地点から

0.4km地点から 0.4km地点から

0.4km地点から 0.4km地点から

 登って行くと、いつものように汗が出てきて息も弾んできたところで、ちょっとしたスペース(階段でいうと「踊り場」のような所)がありました。

0.4km地点から 0.4km地点から

0.4km地点から 0.4km地点から

0.4km地点から 0.4km地点から

 そこには「摩周第一展望台6.8km  摩周岳0.4km」の標識がありました。

 摩周岳山頂まであと0.4kmの地点、摩周第一展望台から6.8kmの地点まで歩いて来たことになります。

0.4km地点から 0.4km地点から

0.4km地点から 0.4km地点から

0.4km地点から 0.4km地点から

 そこに立つと左手には摩周湖の大きな広がりが、右手には火口へと落ちていく絶壁の姿が目の前に迫ってくるように見えていました。

※ 以下の動画には風切音や機械音等の雑音が入っていますので、視聴の際には音量にご注意ください。

 その絶壁に沿って視線を上げていくと、そびえ立つ摩周岳の姿があり、その山頂はもう「目と鼻の先」と言って良いほどの距離にまで近づいてきました。

※ 以下の動画には風切音や機械音等の雑音が入っていますので、視聴の際には音量にご注意ください。

※ ウィキペディアフリー百科事典「 摩周湖」「摩周岳」、環境省 阿寒摩周国立公園管理事務所・発行「摩周岳・西別岳トレイルマップ」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

1.6㎞地点(分岐点)へ ⇦⇦⇦ 今     回 ⇨⇨⇨ 次    回(準備中)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク