スポンサーリンク

旧富川駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「旧富川駅(きゅうとみかわえき)」を紹介します。

        (訪問日:2021年(令和3年)6月上旬)

 旧富川駅(沙流郡日高町富川南2丁目)は、1913年(大正2年)に苫小牧軽便鉄道の「佐瑠太駅(さるふとえき)」(一般駅)として開業しました。

旧富川駅近くの踏切 閉鎖された踏切

 以下、本駅の歴史を紹介します。

・1922年(大正11年)に沙流軌道(後の沙流鉄道)が本駅から平取駅間が開通しました。

・1924年(大正13年)に日高拓殖鉄道が本駅から厚賀駅間が開通しました。

旧富川駅 旧富川駅

・1927年(昭和2年)に苫小牧軽便鉄道と日高拓殖鉄道が国有化により鉄道省に移管され、線路名が日高線に改称されました。

・1943年(昭和18年)に線路名が「日高本線」改称されました。

旧富川駅 旧富川駅

・1944年(昭和19年)に駅名を「富川駅」に改称されました。

・1952年(昭和27年)に沙流鉄道が廃止されました。

・1987年(昭和62年)に国鉄分割民営化に伴い、JR北海道に移管されました。

旧富川駅 旧富川駅

・1989年(平成元年)に駅舎が改築されました。

・時期不詳ですが、簡易委託が廃止、完全無人化されました。

・2015年(平成27年)、厚賀駅-大狩部駅間が高波の被害により本駅ー様似駅間の運行が休止されました。

トイレ棟 トイレ棟

・2021年(令和3年)、本駅-様似駅間の廃止に伴い廃駅となりました。

 単式ホーム1面1線をもつ地上駅(無人駅)、自動券売機設置駅でした。

 トイレは駅舎とは別棟でトイレ棟がありました。

旧富川駅 旧富川駅

※ 沙流鉄道・・・沙流郡門別町(現・日高町)から平取町を結んでいた鉄道路線及び鉄道事業者です。沙流川上流で伐採された王子製紙苫小牧工場向けの木材の運搬が主な業務でした。

※ 日高拓殖鉄道・・・1924年から1927年にかけて日高地方にあった軽便鉄道路線及び鉄道事業者でした。三井物産が王子製紙専用鉄道に接続するように佐瑠太駅から静内駅間に軌道を敷設し営業を行いました。

旧富川駅 旧富川駅

※ ウィキペディアフリー百科事典「富川駅」、「日高本線」、「沙流鉄道」、「日高拓殖鉄道」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

 旧汐見駅 ⇦⇦⇦ 今     回 ⇨⇨⇨ 次  回(準備中)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク