スポンサーリンク

8合目 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「8合目」付近の様子を紹介します。

        (訪問日:2018年(平成30年)9月下旬)

 前回紹介しました7合目(標高1430m)を後にして8合目へ向かいました。

8合目 8合目

 今回の登山は、いつものように時間ばかりが過ぎていくのですが、なかなかお日様や青空にお目にかかれませんでした。

8合目 8合目

 それどころか雲が寄ってきているせいなのでしょうか、霧の様な白いものが風に流されゆっくり寄ってきたり離れていったりしていました。

8合目 8合目

 今まではだいたい輝くお日様に背中を押してもらいながら山を登ることができたのですが、ひょっとしたら今日はこのまま、もしかしたらさらに悪くなっていくのかもしれない…。

8合目 8合目

 さしずめ冬なら吹雪(ふぶき)のホワイトアウトですが、霧にまかれたホワイトアウト状態になるかも…、そんな登山は経験したことが全くなく「やばいかも…、引き返すか…?」とも考えていました。

8合目 8合目

 「次は8合目、そして9合目、山頂…、行こか戻ろかここで決めてしまうのは早いような…、ここまで来たんだからもうちょと様子をみてから…、」と、歩きながらの自問自答。

8合目 8合目

 その霧?雲?が薄くなっているところから下界の様子が垣間見え、少しずつですが高度が上がっていることが分かり登る励みにもなっていました。

8合目 8合目

 そんなこんなできつい急坂が続く道を歩いていると、行く手の数m先に「8合目」(1580m)の道標らしきものが見えてきました。

※ ウィキペディアフリー百科事典「 羊蹄山」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

7 合 目 ⇦⇦⇦ 今     回 ⇨⇨⇨ 次   回(準備中)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク