スポンサーリンク

十勝清水駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「十勝清水駅(とかちしみずえき)」(上川郡清水町本通1丁目)を紹介します。

         (訪問日:2016年(平成28年)3月下旬)

 前回紹介しました「旧羽帯駅(きゅうはおびえき)」を後にして国道38号線に戻り、清水町方面に向かって北上します。

十勝清水駅 十勝清水駅

十勝清水駅 十勝清水駅

 旧羽帯駅からおよそ8㎞ほど進んだ所にある「本通11」交差点で左折します。

 後は道なりに進んでいくと、本駅々前に着きました。

十勝清水駅 十勝清水駅

十勝清水駅 十勝清水駅

 本駅の駅名は、東海道本線・清水駅と区別するため、1934年(昭和9年)に「清水駅」の前に「十勝」が冠されました。

十勝清水駅 十勝清水駅

十勝清水駅 十勝清水駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1907年(明治40年):国有鉄道の「清水駅」として開業する。

・1926年(大正15年):河西鉄道(後の十勝鉄道清水部線)の清水駅が本駅前に開業する。

十勝清水駅 十勝清水駅

十勝清水駅 十勝清水駅

・1934年(昭和9年):「十勝清水駅」に改称する。

・1951年(昭和26年):十勝鉄道清水部線が廃止される。

・1962年(昭和37年):ホクレン清水製糖工場操業に伴い専用線の使用が開始される。

十勝清水駅 十勝清水駅

十勝清水駅 十勝清水駅

・1966年(昭和41年):駅舎が改築、跨線橋が設置される。

・1967年(昭和42年):白老チップ十勝工場(後に大昭和興林十勝工場)の専用線が敷設される。

・1985年(昭和60年):荷物扱いが廃止される。その後、車扱貨物以外の貨物取扱が廃止される。

十勝清水駅 十勝清水駅

十勝清水駅 十勝清水駅

・1986年(昭和61年):大昭和興林十勝工場が移転し、専用線が廃止される。また、ホクレン製糖工場の専用線が廃止される。その後、車扱貨物の取扱が廃止される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

十勝清水駅 十勝清水駅

十勝清水駅         十勝清水駅

・1997年(平成9年):ジェイ・アール道東トラベルサービスによる業務委託駅になる。

・2007年(平成29年):受託会社が北海道ジェイ・アール・サービスネットに変更される。

 1面2線の島式ホームをもつ地上駅で、みどりの窓口が設置されています。

 

十勝清水駅

 

※ ウィキペディアフリー百科事典「十勝清水駅 」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

旧 羽 帯 駅 ⇦⇦⇦ 今     回 ⇨⇨⇨ 新  得  駅

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク