スポンサーリンク

エルフィンロード こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「エルフィンロード・終点」までの様子を紹介します。

          (訪問日:2019年(令和元年)6月上旬)

 前回、進む方向を間違え(土地勘がなくて…)北広島方面へ行こうとした若干のハプニングはありましたが、いよいよ自転車の駅を出発し新札幌方面へ向かって走り出しました。

エルフィンロード エルフィンロード

エルフィンロード エルフィンロード

エルフィンロード エルフィンロード

 JR千歳線(ちとせせん)と並走して走る自転車道ですが、しばらくは木々が生い茂る森の中を通って行きますので線路の「せ」の字も見えませんでした。

 そして、数カ月ぶりに乗る自転車を軽快に走らせていると、道の右手に「学習の森」という体験学習のできる施設がありました。

エルフィンロード エルフィンロード

エルフィンロード エルフィンロード

 この辺りまで来ると、木々が繁る合間の視界が開けた所からJR千歳線を走る列車の姿も見えるようになりました。

エルフィンロード エルフィンロード

 サイクリングロードを東西に横切る細い道路との交差点です。一時停止をして安全を確認した後、再び走り出しました。

 その奥にある展望台からは、樹木の様子は間近に大へん良く見えるのですが、気になる列車の走行音は聞こえろのですがその姿は一切見えませんでした。

 この日は。天気が良く初夏と言ってもいいくらいの暖かい日でした。

 「平日なので私専用の道路になるのかな?」と思っていましたが、高価で速くて楽ちんそうなロードバイクでサ~ッと走り去る方、若い方から年配の方までジョギングやウォーキングで汗を流している人の姿が結構多く見られました。

 「さすが札幌! 大都会やな~っ、どこにでも人はいる。」って思ってしまいました。

エルフィンロード エルフィンロード

エルフィンロード         エルフィンロード

上のっぽろサイクリング橋 上のっぽろサイクリング橋

 国道36号線と国道274号線を結んでいる大きな道路「厚別東通」に架かる「上のっぽろサイクリング橋」です。この橋の手前に「札幌市厚別区と北広島市の境界」があります。ですので、この橋の上にいるということはもう「陽だまりロード」に入っているということになります。

 またしばらく進みますと、林の中から視界はグーンと開けて、これまでとは一変した都会的な風景が目に飛び込んできました。

 地図で見ると、「種苗管理センター北海道中央農場」付近にある森から出て、北広島市の「西の里」と「大曲(おおまがり)」の間の中間辺りにいるようでした。

上のっぽろサイクリング橋から 上のっぽろサイクリング橋から

 上のっぽろサイクリング橋の北側には、JR千歳線の高架橋が見えています。その高架橋の直ぐ左手につながっている堤の上に「上野幌駅(かみのっぽろえき)」のホームがあります

上のっぽろサイクリング橋から エルフィンロード

エルフィンロード エルフィンロード

 この辺りの道路は周囲から一段と高い所を通っているので、パノラマのように眼の前に広がる街並を見下ろしながら進みました。

 また、この辺りまで来ると建物の屋根越しに「音はすれど姿は見えず」だったJR千歳線の線路や列車の姿、「上野幌駅(かみのっぽろえき)」のホームなどまで見えるようになりました。

エルフィンロード エルフィンロード

エルフィンロード エルフィンロード

 再び林の中をしばし走ります。サイクリングロードの所々に、このようなベンチのある休憩所が設置されています。

エルフィンロード エルフィンロード

 やがて上野幌駅近くにある「上のっぽろサイクリング橋」の手前、北広島市と札幌市厚別区(あつべつく)との境界で「エルフィンロード(北広島区間)」は、終点を迎えます。

 そして、次につながる「陽だまりロード(札幌市厚別区)」の入口へと入って行きます。

エルフィンロード エルフィンロード

 やがて視界がグーンと開け、眼下に住宅が建ち並ぶ姿が見え、その屋根越しに上野幌駅のホームが見えてきました。

エルフィンロード エルフィンロード

エルフィンロード エルフィンロード

 陽だまりロードをさらに進んで行くと、国道274号線に架かるもう一つの橋「上野幌自転車道橋」があります。この時は、橋の補修工事が行われていて、片側交互通行になっていました。そして、「道はつづくよどこまでも!?」です!

※ ウィキペディアフリー百科事典「北海道道1148号札幌恵庭自転車道路 」、「北広島市ウェブサイト『エルフィンロード』」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

エルフィンロード・学習の森 ⇦⇦⇦ 今     回 ⇨⇨⇨ 厚別南緑地周辺

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。
※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク