スポンサーリンク

大成駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「大成駅(たいせいえき)」(河西郡芽室町東芽室南2線)を紹介します。

         (訪問日:2016年(平成28年)3月中旬)

 前回紹介しました「西帯広駅(にしおびひろえき)」を後にして、国道38号線を西へおよそ4㎞ほど進んだ所にある「基線西19号」交差点(信号機あり)で左折して町道に入ります。

大成駅 大成駅

大成駅 大成駅

大成駅         大成駅

 200mほど行くと踏切がありますので、一時停止をし渡ってすぐの十字路交差点(信号機なし)を右折します。

 後は道なりに進みますと、右手に本駅が見えてきます。

大成駅 大成駅

大成駅 大成駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1986年(昭和61年):日本国有鉄道の「大成臨時乗降場」(旅客のみ取扱い)として開業する。

大成駅 大成駅

大成駅         大成駅

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

・2004年(平成16年):ホームを延伸し、定期列車のドアカットを廃止する。

大成駅         大成駅

大成駅 大成駅

 1面1線の単式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。

 駅近くに高等学校があり、その通学生が利用者の大半を占めます。

大成駅         大成駅

大成駅         大成駅

※ ドアカット・・・鉄道駅において列車の一部のドアを開けず、限られた車両またはドアからのみ乗降させる措置のことです。ドア締切扱い、ドア非扱いなどとも言われます。 駅のプラットホームが列車より短い、ワンマン運転、車内温度の保持などの理由によって実施されています。

※ ウィキペディアフリー百科事典「 大成駅」、「ドアカット」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

西帯広駅 ⇦⇦⇦ 今     回 ⇨⇨⇨ 芽 室 駅

※ 青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※ これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク