スポンサーリンク

八合目 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「八合目」の様子を紹介します。

          (訪問日:2018年(平成30年)8月上旬)

 七合目を過ぎ八合目に向かうと、背の高い樹木は見えなくなりました。

 ザクザクとした火山灰質の道の幅が少しずつ広くなってきて、その両側のハイマツ帯は逆に狭くなり背丈も低くなってきたように思いました。

八合目へ 八合目へ

八合目へ 八合目へ

 さらに登っていくと、ハイマツ帯はグ~ンと減ってきて所々にこじんまりと遠慮しながら生えているという感じになりました。

八合目へ 八合目へ

八合目へ 八合目へ

 ずっと右手に見えている「阿寒富士」はますます大きく、しかも目線が山頂に近い高さに少しずつ上がってきました。

八合目へ 八合目へ

八合目へ 八合目へ

 見上げると火山らしいゴツゴツとした山肌の上、青空との境目辺りから白い噴煙がモクモクと立ち上っている様子も見えました。

八合目へ 八合目へ

八合目へ 八合目へ

 「山頂が近いのかな…? 近いんだよな!もうすぐ八合目だから…」と思いながら足を運んでいると、「八合目」の標示板が坂道の先に見えてきました。

八合目 八合目

 そして、阿寒富士への分岐点でもある八合目に到着しました。

※ ウィキペディアフリー百科事典「雌阿寒岳 」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

七 合 目 👈 今     回 👉 次   回(準備中)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク