スポンサーリンク

雄信内駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「雄信内駅(おのっぷないえき)」(天塩郡幌延町字雄興:てしおぐんほろのべちょうゆうこう)を紹介します。

 前回紹介しました「糠南駅(ぬかなんえき)」を後にして、道道395号線に戻り南下して国道40号線に入ります。

雄信内駅 雄信内駅

雄信内駅 雄信内駅

 6㎞ほど進むと、今度は道道256号線との交差点がありますので、右折して幌延町方面に向かいます。

 およそ2㎞ほどの所にあるT字路交差点でまた右折しさらに進むと、本駅が見えてきました。

雄信内駅 雄信内駅

雄信内駅 雄信内駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1925年(大正14年):鉄道省天塩南線の一般駅として開業する。

・1926年(大正15年):天塩南線と天塩北線を統合し「天塩線」に改称される。

・1930年(昭和5年):天塩線が宗谷本線に編入される。

雄信内駅 雄信内駅

雄信内駅 雄信内駅

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。

・1953年(昭和28年):現在の駅舎に改築される。

・1982年(昭和57年):貨物扱いが廃止される。

雄信内駅        雄信内駅

雄信内駅        雄信内駅

・1984年(昭和57年):荷物扱いが廃止される。その後、出札・改札業務を停止し旅客業務について無人化される。

・1986年(昭和61年):電子閉塞化に伴い完全無人化される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

雄信内駅 雄信内駅

雄信内駅 雄信内駅

 2面2線の相対式ホームをもつ地上駅(無人駅)で、列車交換可能駅です。

 ホーム間は、構内踏切で連絡します。

 駅舎内のトイレは閉鎖されていますが、駅舎の横にプレハブのトイレ棟が設置されています。

雄信内駅        雄信内駅

※ ウィキペディアフリー百科事典「雄信内駅 」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

糠 南 駅 👈 本    駅 👉 安 牛 駅(準備中)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク