スポンサーリンク

第3展望台 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回も「摩周湖」(川上郡弟子屈町弟子屈原野、2001年(平成13年)北海道遺産に選定)です。

 前回は第1展望台を中心に紹介しました。今回は、第3展望台と裏摩周展望台を紹介します。

 摩周湖第3展望台

 第3展望台は、摩周湖の外輪山西側にあり標高670m、第1展望台から車で5分ほどで行け、駐車場は無料です。

 その駐車場から展望台まで3分ほど歩いて行かなくてはなりません。

第3展望台へ 第3展望台へ

第3展望台へ 第3展望台

第3展望台から 第3展望台から

 湖面との標高差が約320mで一番高い位置にあり、他の展望台とは違った摩周湖の風景が楽しめます。

 湖水の色が第1展望台のそれとは変わって見え、正面には険しいカムイヌプリ(摩周岳)、カムイシュ島がグーンと間近に望めます。

第3展望台へ 第3展望台へ

第3展望台へ 第3展望台へ

第3展望台 第3展望台

 また、第1展望台同様ここでも振り返ってみると、遠くに屈斜路湖や硫黄山が展望できます。

 ただしここにはお土産店やトイレはありませんので、必要な方は第1展望台で済ませてください。

第3展望台 第3展望台

第3展望台 第3展望台から

第3展望台から第1展望台 第3展望台から第1展望台

※ 摩周湖の外輪山南側に、前回で紹介しました「第1展望台」が小さく見えています、…分かりますか?

 ところで、「第1と第3があるなら、第2展望台はないの?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。

 確かに以前は第1と第3の間に第2展望台もあったようです。

第3展望台 第3展望台

第3展望台 第3展望台から

第3展望台から 第3展望台から

 第1展望台と第3展望台をつなぐ細道があって、その途中に絶好の撮影ポイントがありました。

 そこを整備して展望台にしようという計画もあったようですが、危険な場所が多いために実現しませんでした。

第3展望台から 第3展望台から

※ 摩周岳の横に見える山は、西別岳(800m)のようです。(間違っていたら、ごめんなさい)

第3展望台から屈斜路湖 第3展望台から硫黄山

※ 振り向くと後ろに「硫黄山(512m)」、その奥に「屈斜路湖」が見えています。

第3展望台から屈斜路湖 第3展望台から屈斜路湖

※ 「屈斜路湖」が横たわっています、その真ん中辺りにあるはずの「中島」は ちょうど硫黄山の陰になっていて見えないようです。

 裏摩周展望台

 でも、がっかりしないでください。他にも展望台があるのです。

 それは、「裏摩周展望台」といって摩周湖の北側にあり、第1・第3展望台のちょうど反対側に位置しています。

 そこにはトイレや無料の駐車場もあります。

※ 以下は、「カムイシュ島」を激写!してみました。

第3展望台から 第3展望台から

※ カムイシュ島・摩周湖のさらに向こう、最奥に雪を頂いた山がうっすらと見えています…、分かりますでしょうか?(安物コンデジなものですいません)その山は、日本百名山にも選定されている「斜里岳(しゃりだけ:1547m)」のはずです(間違っていたら、ごめんなさい)。

第3展望台から 第3展望台から

300 第3展望台から

 弟子屈側から直接通じる道路がなく、中標津町(なかしべつちょう)方面からなら道道150号線、清里町(きよさとちょう)方面からなら道道1115号線を通って行かなければなりません。

裏摩周展望台 裏摩周展望台

裏摩周展望台 裏摩周展望台

裏摩周展望台 裏摩周展望台

 第1・第3展望台に比べると一番標高の低い位置にあるため、「他の展望台が霧に覆われていても、ここからは湖面が眺められる」ということもあるそうです。

裏摩周展望台 裏摩周展望台

裏摩周展望台 裏摩周展望台

裏摩周展望台 裏摩周展望台

 ただ残念なことに、私が訪問したその日の天気はあいにくの雨模様でした。

 小雨降る中、裏摩周展望台に到着すると、これが本当の「霧の摩周湖」状態でとにかく一面真っ白で何も見えませんでした。

 「裏から、そして低い位置から見た摩周湖をぜひ見てみたい!」と必ずの再訪を強く心に誓うその日の私でした!てかっ(笑い!)。

※「摩周湖第1展望台ライブカメラ」からの摩周湖の展望をご覧ください。

※ ウィキペディアフリー百科事典「摩周湖」、「弟子屈町観光情報ポータルサイト」、「清里町ホームページ『裏摩周展望台』」、「たびらい・摩周湖第3展望台」、「川湯エコミュージアムセンター・摩周湖第3展望台」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

摩周湖・第1展望台 👈 今    回 👉 アトサヌプリ(硫黄山)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク