スポンサーリンク

天塩川温泉駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「天塩川温泉(てしおがわおんせん)駅」(中川郡音威子府(おといねっぷ)村字咲来(さっくる))を紹介します。

 前回紹介しました「豊清水(とよしみず)駅」を後にして、国道275号線に戻り、音威子府村方面へ向かいます。

天塩川温泉駅へ        天塩川温泉駅へ

天塩川温泉へ 天塩川温泉へ

天塩川温泉駅 天塩川温泉駅

 およそ3㎞ほど進むと、「天塩川温泉」の看板が交差点の道路脇に立っていますので、それを目印にその交差点を左折します。

天塩川温泉駅 天塩川温泉駅

天塩川温泉駅                天塩川温泉駅

天塩川温泉駅 天塩川温泉駅

 道なりに進みますと突き当りがT字路交差点になっています。その交差点の手前には踏切があり、その右側に本駅があります。

天塩川温泉駅 天塩川温泉駅

 

天塩川温泉駅        天塩川温泉駅

天塩川温泉駅 天塩川温泉駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1956年(昭和31年):日本国有鉄道の「南咲来(みなみさっくる)仮乗降場」(旅客のみ取扱い)として開業する。

天塩川温泉駅 天塩川温泉駅

天塩川温泉駅 天塩川温泉駅

天塩川温泉駅 天塩川温泉駅

・1981年(昭和56年):仮乗降場名が「天塩川温泉仮乗降場」に改称される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承され、同時に「駅」へ昇格する。

天塩川温泉駅 天塩川温泉駅

天塩川温泉駅       天塩川温泉駅

 1面1線の単式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。小さい待合室があります。

※ ウィキペディアフリー百科事典「 天塩川温泉駅」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

豊清水駅 👈 本    駅 👉 咲 来 駅

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク