スポンサーリンク

浦河駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「浦河駅」(浦河郡浦河町昌平町駅通)を紹介します。

 前回紹介しました「絵笛駅」を後にして、国道235号線に戻り浦河町方面に進みます。

 浦河町役場を過ぎた辺り、進行方向の左手に本駅の跨線橋が見えてきます。

浦河駅 浦河駅

浦河駅 浦河駅

 自動車等で駅前に行くには、役場の手前もしくは跨線橋を過ぎた辺りにある交差点から脇道に入っていきます。

 尚、跨線橋は国道から駅舎へ行ける自由通路になっています。

浦河駅 浦河駅

浦河駅 浦河駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1935年(昭和10年):国有鉄道日高線の一般駅として開業する。

浦河駅 浦河駅

浦河駅 浦河駅

・1943年(昭和18年):線路名が「日高本線」に改称される。

・1984年(昭和59年):日荷物扱いが廃止され、同時に無人化される。

浦河駅     浦河駅

浦河駅 浦河駅

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

・2015年(平成27年):高波による被害により鵡川駅から様似駅間が不通になる。

浦河駅 浦河駅

浦河駅     浦河駅

 1面1線の単式ホームをもつ地上駅(社員配置駅)です。

浦河駅 浦河駅

※ ウィキペディアフリー百科事典「 浦河駅」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

絵 笛 駅 👈 本  駅 👉 東 町 駅

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク