スポンサーリンク

新函館北斗駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「新函館北斗駅」(北斗市市渡1丁目1-1)を紹介します。

 前回紹介しました「七飯駅」を後にして、道道676号線に入り西へ進みます。国道227号線と交わるので右折し、国道227号線に入り2㎞ほど北へ進みます。

 

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

 道道96号線(直進),国道227号線(左折)、道道262号線が交わる交差点で右

折して道道262号線に入ります。そして、道なりに進みますと本駅に至ります。

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1902年(明治35年):北海道鉄道の一般駅「本郷駅」として開業する。

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

・1907年(明治40年):国有鉄道に移管される。

・1909年(明治42年):線路名が「函館本線」となる。

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

・1942年(昭和17年):「渡島大野駅」に改称される。

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

・1984年(昭和59年):荷物扱いが廃止される。

・1986年(昭和61年):簡易委託駅になり無人化される。

新函館北斗駅    新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

・1992年(平成4年):簡易委託が廃止され、完全無人化される。

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

・2015年(平成27年):旧駅舎から新駅舎に移転する。新在来線ホームの第1・第2ホームの使用が開始される。

・2016年(平成28年):北海道新幹線が開業し、「新函館北斗駅」に改称される。

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

 在来線は、2面4線の橋上駅舎です。在来線改札口、新幹線との乗換改札口、在来線近距離券売機、自動改札機が設置されています。みどりの窓口があります。

新函館北斗駅 新函館北斗駅

新函館北斗駅 新函館北斗駅

 新幹線は相対式ホーム2面2線です。新幹線改札口には、指定席券売機、新幹線自動改札機が設置されています。

※ ウィキペディアフリー百科事典「新函館北斗駅 」を参考にさせて頂きました。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

七 飯 駅 👈 本  駅 👉 仁 山 駅(準備中)

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク