スポンサーリンク

釧路駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「釧路(くしろ)駅」(北海道釧路市北大通14丁目5)を紹介します。

 前回紹介しました「東釧路駅」を後にして、緑ヶ岡中通から旭橋通に入り、旭橋を渡り道なりに進むと、本駅の駅前に至ることができました。

 

釧路駅 釧路駅

釧路駅      釧路駅

 本駅から根室(ねむろ)駅間に愛称の「花咲(はなさき)線」がつけられています。「東釧路駅」を起点とする釧網本線の列車は根室本線を経て本駅まで乗入れています。

釧路駅      釧路駅

釧路駅    釧路駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1901年(明治34年):北海道官設鉄道・釧路線の一般駅として開業する。

・1905年(明治38年):国有鉄道に移管される。

・1913年(大正2年):線路名が「釧路本線」となる。

釧路駅

・1917年(大正6年):2代目釧路駅が現在の位置に開業する。

・1921年(大正10年):線路名が「根室本線」となる。

・1923年(大正12年):雄別(ゆうべつ)鉄道線が開業し、ホームが設置される。

釧路駅 釧路駅

釧路駅 釧路駅

・1927年(昭和2年):釧網(せんもう)線(本駅~標茶(しべちゃ)駅間)が開業する。

・1970年(昭和45年):雄別鉄道線が廃止される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

釧路駅 釧路駅

釧路駅 釧路駅

 1面1線の単式ホームと2面4線の島式ホーム合わせて3面5線をもつ地上駅です。ホーム間は地下通路で連絡します。

釧路駅 釧路駅

※花咲線・・・釧路市・釧路駅から根室市・根室駅間につけられた愛称。

※釧網本線・・・網走市・網走(あばしり)駅から釧路市・東釧路駅を結ぶ鉄道路線。

※雄別鉄道線・・・本駅から雄別炭山駅(阿寒(あかん)町)までを結び、炭鉱鉄道会社が運営していた鉄道路線。

釧路駅 釧路駅

釧路駅 釧路駅

釧路駅 釧路駅

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

東釧路駅 👈 本  駅 👉 新富士駅

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク