スポンサーリンク

銀山駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は。「銀山駅」(余市郡仁木町銀山2丁目)を紹介します。

 前回紹介しました「然別駅」を後にして、国道5号線を南下します。途中の交差点で赤井川方面につながる道道1022号線に入ります。

 銀山駐在所を過ぎると銀山郵便局がありますので、そこを右折し銀山中学校の横を通って山の方へ約1㎞程進むと本駅があります。

銀山駅 銀山駅

銀山駅 銀山駅

銀山駅 銀山駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1905年(明治38年):北海道鉄道の一般駅として開業する。

・1907年(明治40年):国有化され国有鉄道に移管される。

銀山駅 銀山駅

銀山駅 銀山駅

銀山駅     銀山駅

・1909年(明治42年):線路名が「函館本線」となる。

・1913年(大正2年):明治鉱山(赤井川村)より国富鉱山精錬所へ鉱石を運搬するために、本駅下まで馬車鉄道が施設される。

銀山駅 銀山駅

銀山駅 銀山駅

銀山駅 銀山駅

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される。

・1982年(昭和57年):荷物扱いが廃止され、同時に無人化される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

銀山駅 銀山駅

銀山駅          銀山駅

銀山駅     銀山駅

 2面2線の相対式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。簡易委託駅ですが、乗車券は駅近くの商店で扱っているので駅舎内は無人となっています。

銀山駅 銀山駅

銀山駅     銀山駅

※ 明治鉱山・・・赤井川村にあった鉱山。当初は銅を採掘していました。その後水銀鉱床が発見され、採掘された鉱石は国富鉱山精錬所に運ばれ道内最初の水銀生産地となりました。

日高東別駅

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

然 別 駅 👈 本  駅 👉 小 沢 駅

※青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク