スポンサーリンク

第1展望台 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 前回紹介しました「第2展望台」から、今回は「第1展望台」へ向かいます。

 第2展望台から第1展望台まではおよそ200mで歩いて5分程で着きます。

 噴火当時、第1展望台付近では水道工事が行われていたそうです。その作業中に噴火が始まってしまったため、工事用の重機や水道管をそこに置いたまま避難してしまいました。

第1展望台へ向う木道     第1展望台

第1展望台 第1展望台

そのため、今でも火山灰などに埋まってしまった重機や水道管、電信柱などが展望台から見られます。

第1展望台 解説板より

解説板より 解説板より

木道の所々に解説板が設置されていて、噴火当時の写真と詳しい説明が書かれてありました。

解説板 解説板より

第1展望台

噴火当時の第1展望台付近の写真、写真上部右側に第2展望台が見えています(解説板より)

第1展望台 第1展望台

草木が茂っているのでよく見えませんが現在の様子です(左)、水が溜まっている所の今(右)

 第1展望台

埋まっている重機、水道管、見分けられますか?(左)  遠くに見える第2展望台です(右)

埋まった重機 埋まった重機

水道管 水道管

国道脇にできた火口

 2001年に撮影された国道脇にできた火口の写真です(火口手前に電柱の頭が突き出ています)。

第1展望台

第1展望台(2001年当時)

第1展望台(2001年当時)

 2001年に撮影された第1展望台の写真です、噴煙(置き去り重機は煙の中?)がモクモクでした(水道管と電信柱の頭の部分が写っていますが、分かりますか?)。

2001年の洞爺湖と羊蹄山 2001年の昭和新山

 2001年に撮影された「洞爺湖と羊蹄山」(左) と「昭和新山」(右)です。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

 

西山山麓火口散策路・第2展望台 👈 今  回 👉 次  回(準備中)

青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク