スポンサーリンク

遠軽駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「遠軽駅」(紋別郡遠軽町岩見通南1丁目)を紹介します。

 本駅は、「瀬戸瀬駅」を後に国道333号線をしばらく東へ向かい、途中にある交差点で国道242号線に入ります。

 遠軽町市街地に入り大通南1の交差点を左折し進むと駅前に出ます。

遠軽駅      遠軽駅

遠軽駅      遠軽駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1915年(大正4年):鉄道院湧別軽便線の一般駅として開業する。

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道に移管される。

遠軽駅 遠軽駅

遠軽駅 遠軽駅

・1985年(昭和60年):荷物取扱いが廃止される。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

・1989年(平成元年):名寄本線が廃止される。

遠軽駅 遠軽駅

遠軽駅 遠軽駅

※名寄本線・・・宗谷本線の名寄駅から分岐し、下川町・西興部(にしおこっぺ)村・興部(おこっぺ)町・紋別市を通り遠軽駅に接続する本線。さらに途中の上湧別(かみゆうべつ)町・中湧別駅から分岐し湧別町の湧別駅に接続する支線がありました。

遠軽駅 遠軽駅

遠軽駅 遠軽駅

 1面1線の単式ホームと1面2線の島式ホームがあり、合わせて2面3線の地上駅です。ホームの連絡には跨線橋を利用します。駅員が配置されていて、みどりの窓口、飲食店もあります。

遠軽駅      遠軽駅

遠軽駅 遠軽駅

 かつて石北本線と名寄本線が分かれる駅でしたが、名寄本線の廃止によりスイッチバックの駅になっています。

遠軽駅 遠軽駅

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

丸 瀬 布 駅 👈 本  駅 👉 安 国 駅

青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

 

スポンサーリンク