スポンサーリンク

多寄駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「多寄駅」(士別市多寄町)を紹介します。

 国道40号線沿いにある本駅の周辺には田園風景が広がっています。

また、駅の傍を通っている国道を中心に小・中学校や郵便局、商店などがあり市街地を形作っています。

多寄駅 多寄駅

多寄駅 多寄駅

多寄駅 多寄駅

     本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1903年(明治36年):北海道官設鉄道天塩線の一般駅として開業する。

・1912年(大正元年):線路名が「宗谷線」に改称される。

・1919年(大正8年):線路名が「宗谷本線」に改称される。

多寄駅 多寄駅

多寄駅 多寄駅

多寄駅     多寄駅

・1949年(昭和24年):日本国有鉄道に移管される。

・1986年(昭和61年):CTC(列車集中制御装置)が導入され、無人駅になる。

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される。

・1988年(昭和63年):大きな木造駅舎から簡易駅舎に改築される。

多寄駅 多寄駅

多寄駅 多寄駅

 1面1線の単式ホームを持つ地上駅(無人駅)です。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

下 士 別 駅 👈 本  駅 👉 瑞 穂 駅

青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク