スポンサーリンク

静内駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、『静内駅」(日高郡新ひだか町静内本町5丁目1)を紹介します。

 本駅は市街地中心部より海岸寄りにあるので、国道235号線からは駅舎等は全く見えません。国道の道端に「静内駅⇒」の標識が立っていますので、それを見て進んでください。

 

静内駅 静内駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1926年(大正15年):日高拓殖鉄道の一般駅として開業する

・1927年(昭和2年):国有化により国有鉄道に移管され、線路名が「日高線」に改称される

静内駅 静内駅

・1943年(昭和18年):線路名が「日高本線」に改称される

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される

・2015年(平成27年):高波による被害のため鵡川駅から様似駅間が不通となる

静内駅 静内駅

 2面2線の相対式ホームをもつ地上駅です。駅員が配置されていて、みどりの窓口もあります。駅舎には、新ひだか町観光情報センターが併設されています。

静内駅 静内駅

 

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

新 冠 駅 👈 本  駅 👉 東 静 内 駅

青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

スポンサーリンク