スポンサーリンク

砂川駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「砂川駅」(砂川市東2条北2丁目)を紹介します。

 本駅の大まかな成り立ちを紹介します。

・1891年(明治24年):北海道炭礦鉄道空知線の駅として開業される

※併せて、本駅~歌志内駅間も函館本線の分岐線として開通・開業される

砂川駅 砂川駅

・1901年(明治34年):本駅~歌志内駅間が本線から分離され、歌志内支線となる

・1906年(明治39年):鉄道路線国有化により国有鉄道に移管される

※鉄道路線国有化…「鉄道国有法」によって全国的な鉄道網を官設鉄道に一元化するために、私鉄が買収され国有化されていきました。

砂川駅 砂川駅

・1918年(大正7年):本駅より三井砂川炭鉱間が砂川炭礦専用線として開業される

・1926年(大正15年):砂川炭礦専用線が函館本線に編入され、上砂川支線として旅客営業が開始される

上砂川駅は、1981年(昭和56年)映画『駅 STATION』、1984年(昭和59年)テレビドラマ『昨日、悲別で』のロケ地として使用されています

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される

・1988年(昭和63年):歌志内線(1909年に改称)が廃止される

・1994年(平成6年):上砂川支線が廃止される

砂川駅     砂川駅

 2面3線の相対式・島式ホームをもつ地上駅です。ホームは跨線橋で連絡します。みどりの窓口があり、終日ではありませんが社員が配置駅されています。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

滝 川 駅 👈 本  駅 👉 豊 沼 駅

青字部分をクリックすると、そのページが表示されます。

※これまで掲載した記事をご覧いただくには、「ホーム」ページの「インデックス」をご利用ください。

 

 

スポンサーリンク