スポンサーリンク

姉別駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「姉別駅」(厚岸郡浜中町姉別3丁目)です。

 本駅から釧路本線は、「浜中町」に入ります。そこで、浜中町について簡単に紹介します。釧路総合振興局の東南部にあり、太平洋に面しています。役場は、霧多布島の霧多布地区にあります。

姉別駅 姉別駅

 産業では、酪農、漁業等が盛んです。生産される生乳は高品質で、高級アイスクリームや乳酸菌飲料の原料等にも使われているそうです。また、漁業では昆布が日本有数の生産量だそうです。

姉別駅 姉別駅

 面積約3千ha余りの霧多布湿原は、1922年(大正11年)に湿原中心部の高層湿原部が国の天然記念物「霧多布泥炭形成植物群落」に指定されました。 姉別駅 姉別駅

 また、1993年(平成5年)にはラムサール条約登録湿地に登録され、2001年(平成13年)には北海道遺産にも指定されています。

姉別駅 姉別駅

 観光地としては、霧多布岬、アゼチ岬、酪農展望台、琵琶瀬展望台等があります。また、「ムツゴロウ動物王国」(非公開)も浜中町にあります。一時東京の方へ移転していましたが、その後再び北海道へ戻ってきているそうです。

姉別駅 姉別駅

 他に、モンキー・パンチさん原作の漫画「ルパン三世」の主人公・ルパン三世が、ここ「浜中町の出身」という設定になっているそうです。駅の待合所の窓に、ルパン三世のキャラクターが貼ってあった意味が、これで分かりました。

姉別駅 姉別駅

 それでは、「姉別駅」の紹介に戻ります。駅名は、アイヌ語の「アネ・ペッ」(細い川)に由来しているそうです。

姉別駅    姉別駅

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1919年(大正8年):官設鉄道の一般駅として開業する

・1973年(昭和48年):貨物・荷物取扱いが廃止され、無人化される

・1979年(昭和54年):駅舎が改築される

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される

姉別駅     姉別駅

 1面1線の単式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。

浜中駅 👈 本 駅 👉 厚床駅  (クリックすると、その駅が表示されます)

 ご訪問頂きありがとうございました。

スポンサーリンク