スポンサーリンク

小樽築港駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「小樽築港(おたるちっこう)駅」(小樽市築港1番4号)です。

 前回紹介した「朝里駅」を後にして、国道5号線をさらに西へ進みます。東小樽交差点を過ぎ上・下車線別々にトンネルに入ります。

 トンネルを出て、分かれた車線が再び合流する辺りの右手に「小樽築港駅」の建物が見えてきます。

小樽築港駅 小樽築港駅

小樽築港駅 小樽築港駅

小樽築港駅 小樽築港駅

 本駅の大まかな歴史について紹介します。

・1910年(明治43年):国有鉄道函館本線の一般駅として開業する

・1932年(昭和7年):本駅から浜小樽駅間に函館本線(貨物支線)が開業する

小樽築港駅 小樽築港駅

小樽築港駅 小樽築港駅

小樽築港駅 小樽築港駅

・1949年(昭和49年):日本国有鉄道法施行により日本国有鉄道に継承される

・1968年(昭和43年):小樽駅から滝川駅間が電化される

小樽築港駅 小樽築港駅

小樽築港駅 小樽築港駅

小樽築港駅 小樽築港駅

・1984年(昭和59年):本駅から浜小樽駅間に函館本線(貨物支線)が廃止される

・1986年(昭和61年):貨物の取扱いが廃止され、旅客駅になる

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される

小樽築港駅 小樽築港駅

小樽築港駅 小樽築港駅

小樽築港駅 小樽築港駅

 1面2線の島式ホームをもつ地上駅です。社員配置駅で、キヨスク、みどりの窓口、自動券売機、自動改札機が設置されています。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

朝里駅 👈 本 駅 👉 南小樽駅

※クリックすると、そのページが表示されます。

スポンサーリンク