スポンサーリンク

万字炭山駅跡 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「万字炭山駅」(旧空知郡栗沢町万字曙町)です。

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1914年(大正3年):国有鉄道万字軽便線の貨物駅として開業する

万字炭山駅跡 万字炭山駅跡

万字炭山駅跡 万字炭山駅跡

・1922年(大正11年):線路名が「万字線」に改称される

・1924年(大正13年):旅客・荷物の取扱い始まる

・1978年(昭和53年):荷物。貨物取扱い廃止と共に無人化(簡易委託)される

万字炭山駅跡 万字炭山駅跡

万字炭山駅跡 万字炭山駅跡

・1985年(昭和60年):万字線の廃止と共に廃駅になる

 2013年(平成25年)頃に駅舎が解体されたそうで、現在はほとんど何も残されていません。

万字炭山駅跡 万字炭山駅跡

万字炭山駅後 万字炭山駅後

 ここにかって旧万字炭山駅があったという面影もほとんど感じられませんでした。万字炭鉱の跡には、「万字森林公園」が整備されています。

 『旧万字線の駅を訪ねて』シリーズは、今回で終了いたします。

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク