スポンサーリンク

清川口駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「清川口駅」(北斗市中央1丁目)を紹介します。

 前回紹介した「上磯駅」から国道228号線を東へ進み、北斗市役所へ向かう交差点を左折します。北斗市役所の北側(裏側)に本駅はあります。

清川口駅 清川口駅

清川口駅       清川口駅

 では、本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1956年(昭和31年):日本国有鉄道(国鉄)江差線の旅客のみ取扱い駅として開業する

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される

清川口駅 清川口駅

清川口駅 清川口駅

・1988年(昭和63年):海峡線の開業に伴い木古内駅から五稜郭駅間が電化される

・2016年(平成28年):北海道新幹線開業に伴い、江差線の木古内駅から五稜郭駅間がJR北海道から経営分離され、無人化される

清川口駅 清川口駅

清川口駅 清川口駅

 1面1線の単式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。自動券売機が設置されています。

清川口駅    清川口駅

清川口駅 清川口駅

上磯駅 👈 本 駅 👉 久根別駅  (クリックすると、その駅が表示されます)

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク