スポンサーリンク

納内駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「納内(おさむない)駅」(深川市納内町字納内)です。

 本駅の大まかな成り立ちについて紹介します。

・1898年(明治31年):北海道官設鉄道の一般駅として開業する

納内駅 納内駅

納内駅 納内駅

納内駅 納内駅

・1905年(明治38年):国有鉄道に移管される

・1969年(昭和44年):旭川駅から滝川駅間の電化に伴い、本駅から伊納駅間の線路の付け替えが行われる(間にあった「神居古潭駅」は廃止される)

納内駅 納内駅

納内駅 納内駅

納内駅 納内駅

・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される

・1999年(平成11年):駅舎が新築される

納内駅 納内駅

納内駅 納内駅

納内駅    納内駅

 2面2線の相対式・島式ホームをもつ地上駅(無人駅)です。駅舎内には、深川市役所納内支所、多目的ホールが併設されています。

納内駅 納内駅

納内駅    納内駅

 ご訪問頂きありがとうございました。

スポンサーリンク