スポンサーリンク

渡島当別駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「渡島当別(おしまとうべつ)駅」(北斗市当別)です。国道228号線沿いにあり、釜谷駅から向かうと緩やかな左にカーブから右カーブへ入る手前辺りの山側にあります。尖がり三角屋根の建物と郵便マーク・昔懐かしい円柱状の郵便ポストが目印になります。

渡島当別駅 渡島当別駅

渡島当別駅      渡島当別駅

渡島当別駅 渡島当別駅

渡島当別駅     渡島当別駅

 本駅の大まかな歴史を紹介します。

 ・1930年(昭和5年):国有鉄道、上磯線の一般駅として開業する

 ・1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される

 ・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される

渡島当別駅 渡島当別駅

渡島当別駅 渡島当別駅

渡島当別駅 渡島当別駅

 ・1988年(昭和63年):海峡線の開業に伴い、江差線の五稜郭(ごりょうかく)駅から木古内(きこない)駅間が電化され、構内の待避線の延伸や跨線橋の設置等が行われる

 ・2016年(平成28年):北海道新幹線開業に伴い、江差線の五稜郭駅から木古内駅間がJR北海道から経営分離され、「道南いさりび鉄道」の駅となる

渡島当別駅 渡島当別駅

渡島当別駅 渡島当別駅

渡島当別駅 渡島当別駅

 2面2線の相対式ホームをもつ地上駅(無人駅)で、渡島当別郵便局と一緒になっている駅舎があります。駅舎の形は、駅の近くにある「トラピスト修道院」に似せて造られているということです。

渡島当別駅 渡島当別駅

渡島当別駅    渡島当別駅

渡島当別駅 渡島当別駅

釜谷駅 👈 本  駅 👉 茂辺地駅 (クリックすると、そのページが表示されます)

 ご訪問頂きありがとうございました。

スポンサーリンク