スポンサーリンク

富川駅 こんにちは、ご訪問頂きありがとうございます。

 今回は、「富川駅」(沙流郡日高町富川南2丁目)です。富川駅は、富川市街地を通る国道235号線から脇道に入り、海岸方向に少し進んだ所にありました。詳しい地図もなくけっこう探し回ってやっと見つけた駅でした。

富川駅 富川駅

富川駅 富川駅

 本駅の大まかな歴史を紹介します。

 ・1913年(大正2年):苫小牧軽便鉄道の一般駅「佐瑠太(さるふと)駅」として開業する

 ・1922年(大正11年):沙流軌道(後の沙流鉄道)、本駅から平取駅間が開通する

 ・1924年(大正13年):日高拓殖鉄道、本駅から厚賀駅間が開通する

富川駅 富川駅

富川駅    富川駅

 ・1927年(昭和2年):苫小牧軽便鉄道と日高拓殖鉄道が国有化によって国有鉄道に移管される。線路名が「日高線」に改称される

 ・1943年(昭和18年):線路名が「日高本線」に改称される

 ・1944年(昭和19年):「富川駅」に改称される

 ・1951年(昭和26年):沙流鉄道が廃止される

 ・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道に継承される

富川駅    富川駅

富川駅 富川駅

 1面1線の単式ホームをもつ無人の地上駅です。自動券売機が設置されていて、トイレも別棟ですがあります。

汐見駅 👈 本 駅 👉 日高門別駅  (クリックすると、その駅が表示されます)

 ご訪問頂きありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク