スポンサーリンク

汐見駅 こんにちは、ご訪問ありがとうございます。

 今回は、「汐見(しおみ)駅」(鵡川町汐見一区)です。

 鵡川駅を過ぎると、線路は国道沿いから海岸の方へ大きく曲がります。そのため、駅に向かうには鵡川に架かる橋を渡り4㎞程富川方面に走った所で国道235号線から右折(「富川ドライブイン」の手前辺り)し、国道から2㎞余りの海岸沿いに「汐見駅」はあります。

汐見駅 汐見駅

汐見駅    汐見駅

汐見駅 汐見駅

 大まかな駅の歴史として

 ・1959年(昭和34年):日本国有鉄道(国鉄)、旅客のみの扱いで「汐見駅」が開業される

 ・1987年(昭和62年):国鉄分割民営化によりJR北海道へ継承される

 ・2015年(平成26年):1月に起きた高波による土砂が流出した影響で鵡川駅から様似駅間が不通となる

汐見駅 汐見駅

汐見駅 汐見駅

汐見駅 汐見駅

 1面1線の単式ホームをもつ地上駅で、開業当時からの無人駅です。駅舎はありませんが、ホームの近くに待合室が設置されています。

汐見駅 汐見駅

汐見駅     汐見駅

汐見駅        汐見駅

汐見駅    汐見駅

鵡川駅 👈 本 駅 👉 富川駅  (クリックすると、その駅が表示されます)

 ご訪問ありがとうございました。

スポンサーリンク