スポンサーリンク

泉沢駅 こんにちは、ご訪問ありがとうございます。

 今回は、「泉沢駅」(木古内町字泉沢)を紹介します。

 泉沢駅は、国道228号線沿いにありますが、泉沢市街地の国道より少し山側に入った所にあります。そのため、建物に遮られて国道からは直接見えにくくなっています。

泉沢駅 泉沢駅

泉沢駅 泉沢駅

 道路沿いには看板も出ているのですが、樹木の陰に入り看板が見えずらくなっている場合もあります。駅舎は、国道からほんの30mも行かない所にあります。

泉沢駅 泉沢駅

泉沢駅 泉沢駅

 駅の簡単な生い立ちとして

1930年(昭和5年):国有鉄道上磯線の一般駅として開業する

1936年(昭和11年):上磯線が「江差線」に改称される

1949年(昭和24年):日本国有鉄道(国鉄)に継承される

1982年(昭和57年):荷物扱い廃止になり、無人化される

1987年(昭和62年):国鉄分割民営化により、JR北海道に継承される

1988年(昭和63年):海峡線が開業、江差線(木古内駅~五稜郭駅間)が電化される、貨物列車の待機用に駅構内の待避線を延長、跨線橋の設置、駅舎の改築がされる

2016年(平成28年):北海道新幹線開業に伴い、江差線(木古内駅~五稜郭駅間)がJR北海道から経営分離され、「道南いさりび鉄道」の駅となる

泉沢駅 泉沢駅

泉沢駅 泉沢駅

 2面3線の無人(簡易委託は継続されているようです)の地上駅。上りホームが島式ホーム2面2線、下りホームが1面1線。両ホームは千鳥式に配置されています。貨物列車の待機に使われるからでしょうか両ホームの総延長距離はとても長いです。

泉沢駅    泉沢駅

泉沢駅      泉沢駅

 実は、この駅が「道南いさりび鉄道」として経営される前の昨年8月にも訪れていました。それで、「泉沢駅・下」としてJR北海道経営時代の画像を紹介しますので、よろしければ合わせてご覧ください。。

泉沢駅 泉沢駅

泉沢駅   dscn1251

札苅駅 👈 本  駅 👉 釜谷駅 

 続・札苅駅 👈       (クリックすると、そのページが表示されます)

 ご訪問ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク