スポンサーリンク

花咲駅 こんにちは、ご訪問ありがとうございます。

 今回紹介する駅は、「花咲駅」(根室市花咲港255番地)です。残念ながら、この駅は今年(平成28年)3月25日で廃止になりました。だから、正確に言うと今は「旧花咲駅」ということになりますか…。

 

 「JR室蘭本線・石勝線駅巡り」で紹介した「東追分駅」同様、この「花咲駅」の廃止にむけて「これはぜひ廃止される前に見に行かねばならぬっ!」と勝手に気負い、春の雪が降るほどの寒波が来てる最中、はるばる行ってきました、遠かった、遠かった…そして、寒かった…。

花咲駅  花咲駅

花咲駅  花咲駅

 これまで遠くてなかなか行けなかった道東方面でしたが、今シーズンは車中泊をしながらあちこち走り回りました。その記念すべき「道東進出第一弾!」が、この1泊2日の強行軍の旅でした(根室半島の先にある納沙布岬に行ったのもこれです)

花咲駅  花咲駅

花咲駅     花咲駅

 JRの他の駅にもできるだけ寄りたかったので根室本線の線路沿いの道を選んで走りました。それで往路はあちこち寄り道をした結果、走行距離が500㎞前後になってしまいました。復路は、明日からの勤務も考え、無理をせず無事に帰宅することを念頭に最小限の寄り道にして、後は家までひたすら走り続けました、遠かった…。

花咲駅  花咲駅

花咲駅    花咲駅

     廃止の日を数日後に控えた3月「春分の日」の連休に行ってきました。まだ現役の「花咲駅」ですので、記事の題名も“旧”は付けずに「花咲駅」としました。

 実は私、廃止後の「花咲駅」にも行ってきました(5月中旬)。今年は何回も道東各地に旅して、その中で「旧花咲駅」となった駅の様子も見てきました。それらをいっぺんには紹介しきれませんので、次回にも続けて紹介していきたいと思っています。

花咲駅       花咲駅

花咲駅  花咲駅

 根室本線で特に「釧路駅から根室駅間」を「花咲線」の愛称で呼ばれていて、花咲駅は花咲線の駅でした。駅名の由来ですが、駅の近くに「花咲岬」があります。アイヌ語の「ポロ・ノッ」から岬の「鼻先」となり「鼻先から花咲に」との説明がありました(ウィキぺディア「花咲駅」より)。

花咲駅  花咲駅

花咲駅    花咲駅

 私は、てっきり「根室地方の名物「花咲ガニ」からきているのだろう?」なんて思ってましたので、その由来が「鼻先」からだと知って、「えっ!そうなの???」と“?”が三つ付く位に驚いてしまいました(ちょっと大げさかな…)。

花咲駅     花咲駅

花咲駅  花咲駅

 大まかな駅の歴史、1921年(大正10年)に一般駅として開業しました。そして、1984年(昭和59年)貨物取扱いが終了すると共に無人駅となりました。さらに、ウィキぺディアによりますと、今年(平成28年)3月に廃止された後、8月に「記念プレート」を残して駅舎も撤去されたそうです。これは初耳でしたので、来年は再度その様子を見に行きたいと思っています。

花咲駅 誠に残念ですが、駅の廃止を告げる「お知らせ」です。

 駅は1面1線の単式ホームを持ち、貨車駅舎の無人駅でした。

西和田駅 👈 本 駅 👉 東根室駅  (クリックすると、その駅が表示されます)

 ご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク