スポンサーリンク

 手稲駅こんにちは、ご訪問ありがとうございます。

 函館本線は、函館市の函館駅から長万部駅、小樽駅、札幌駅を経由して旭川市の旭川駅までの路線です。でも、函館駅から旭川駅まで直通の列車は運行されていません。函館駅~長万部駅、長万部駅~小樽駅、小樽駅~札幌駅~旭川駅と、それぞれの各区間に分かれています。

手稲駅 手稲駅

手稲駅 手稲駅

 支線も合わせた総営業キロ数は、約460㎞で北海道で最長の路線です。今までの記事の中にも時々函館本線の駅が出てきていましたが、他にもまだ紹介していない駅がたくさんあります。それで、「函館本線の駅」と題して紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

手稲駅 手稲駅

手稲駅 手稲駅

 今回紹介する駅は、「手稲駅」です。札幌駅に近い大きな駅は今後また紹介する機会もあろうかと思いますので、「手稲駅」から函館駅を目指して「上り」ながら紹介していきます。

手稲駅 手稲駅

手稲駅 手稲駅

 手稲駅は、札幌市手稲区手稲本町にある手稲区の中心駅で、札幌駅に次いで利用客の多い駅です。1880(明治13)年に簡易停車場(旗の合図で停車し乗客を乗せる)として設置されました。1884(明治17)年に普通停車場になりました。

手稲駅 手稲駅

手稲駅 手稲駅

 2面4線の島式ホームをもつ地上駅です。北東側に北口、南西側に南口があり、北口には手稲区役所等に通じる2階建ての連絡通路があります。

手稲駅 手稲駅

手稲駅 手稲駅

 1960年代から周辺地域の人口が増加し、それに伴い駅の利用者数も増加していきました。2002(平成14)年に4代目の新駅舎が完成し、それまでの丸太を使った山小屋風の建物に代わり新駅舎の供用が始まりました。

 ご訪問ありがとうございました。

 

本 駅 👉 稲穂駅

※クリックすると、そのページが表示されます。

スポンサーリンク