スポンサーリンク

神明駅  こんにちは、ご訪問ありがとうございます。

 今回の『旧JR江差線の駅を訪ねて』で紹介する駅は、『神明(しんめい)駅』です。

 『神明駅』は、北海道桧山郡上ノ国町字湯ノ岱にあった駅です。

 その歴史は、1957年(昭和32年)に国鉄(日本国有鉄道)江差線の駅として旅客のみの取扱いを行い開業しました。

江差線高架橋 今も残っている旧江差線の高架橋

神明駅入口 神明駅入口

神明駅横のバス停 駅跡横にあるバス停

神明駅 神明駅 木古内方面を望む

 単式ホーム1面1線の地上駅です。駅舎はなく、ホームに待合所が設けられ、開業以来江差線が廃止となるまで無人駅でした。

神明駅  神明駅

神明駅 神明駅

 道道5号線を江差町方面に向かって走り、稲穂峠を越えて「湯ノ岱温泉」の手前に山の奥へ向かう道とのT字路があります。交差点を右折し100m程の所に目指す「神明駅」跡がありました。

神明駅 神明駅

神明駅 神明駅

 後から「神明駅入口」という表示板が交差点脇の樹木に打ちつけてあるのを見つけました。でも、私が走ってきた方向からはちょうど裏側になり、樹木の肌しか見えませんでした。

神明駅 神明駅

神明バス停 神明バス停

 ご訪問ありがとうございました。

スポンサーリンク